心の腐ったやりちん野郎

藤村勇気です。




以下のクライアントさんからのご報告をお聞きしてると、
一歩ずつ成長しながら、


その分、一歩ずつ恋愛の楽しさを
味わってくれてるように感じるので、
優しい気持ちになってきます。



○○さんは、ほんわかしてて、気さくで暖かい性格です^ ^

エッチは、時間はかかりましたが、何とかしゃ精できました。
ちょっとホッとしました^ ^

今日、バレンタインのチョコもらいました。
本命チョコもらえるのは初めてだったので嬉しかったです。

○○さんが近くに引っ越してくることになりました。
たぶん、歩ける距離です。



今回のご報告は、

・射精が出来たこと。

・本命チョコを産まれて初めてもらえたこと。

でした。



童貞であることを堂々としていれるのは、
遅くても20代前半までですよね。


というより、女性側が20代後半以降の男子には
心の中で、エッチ中にリードを求めてるものです。



上記のクライアントさんは40代後半なので、
基本的には、年齢的にどーていであっても、


エッチ中にリードしなきゃいけない。


という過酷な状況で
恋愛を戦っていらっしゃいました。




ただ、過酷な戦いになるかどうかは、

【相手の女の子の性格次第】という部分もあります。



ツンケンしててエッチに相性を求めてたり、
エッチに軽い女性、男に男らしい魅力を求めてる、
淫獣のような女性であれば、
究極に過酷な戦いになる場合が多いですが、



一緒にいることの楽しさを超重視してる女性であれば、
過酷どころか、何歳の男性が童貞であろうと、
優しく理解し、包み込んでくれるものです。



コンプレックスの改善というのは、
無謀なチャレンジをしてはいけません。



淫獣のような女性と最初から戦っていては、
罵声を浴びせられ、心を粉々にされる可能性もあります。


「もうイッたの?」

「気持ち良くない。。。」

などの冷めた態度をとられるのって怖いですよね。




ですので、あなたに
童貞というコンプレックスがあるならば、


上記のクライアントさんのように、

【一緒にいることの楽しさを超重視してる女性】

を、ターゲットにしてください。



そのような子であれば、
あなたのコンプレックスを優しく包み込んでくれますので、
克服をさせてくれると思います。



「下手でもいいよ^^」

「ありがとう^^ 一緒にこうやって居れるのが1番嬉しい」


などと言ってくれる子を
相手にしようということです。




僕は、淫獣が大嫌いです。


なぜなら、病気をうつされるかもしれないからです。

その次に、誰とでも寝るような女に興味がありません。



1.「コンプレックスの克服」

あなたと一緒にいることを心の底から楽しんでくれる子を選ぶ。




2.「エッチに対する願望を達成する」

いん獣にも当たり、「しまった><!」と思う日もありながら、エッチスキルを磨きましょう!




3.「選り好みをして女性の相手をする」

いん獣を避けながら、タイプの子はちゃんと口説き落とす!




4.「あなたがいいと思った女性を、あなたのプランで口説けるようにする」

たとえ貞操観念の強い、純粋な子であっても、即日やプラン通りに口説く!



というような順序があると、
あなたのコンプレックスに優しい恋愛の成長の仕方が出来るので、
良いかなと思います^^


がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ