モテない男とモテる男の違いと共通点

藤村勇気です。


恋愛活動を楽しめた人は、
どんどん結果を出していきます。


本人が楽しければ、
楽しそうな雰囲気とか顔色とかを
することになりますので、

純粋に相手の女性も話しやすくなるので、
当たり前です。



恋愛が上手くいってない方には、

「俺は会話が苦手なんです。恋愛が苦手なんです。」

という意識があるため、


その意識に合わせた人間性を持つがために、
楽しそうな表情などが苦手だという方がいます。


僕も会話が苦手だったころがあるので、
気持ちは分かるのですが、人間関係では、
自分都合の言い訳になります。


これが言い訳だと気付かなければ、いつまでも、
女性から魅力的と言われることは難しいです。


なぜ、言い訳になるかというと、


あなたと1対1でデートをする
女性目線からすれば、


あなたが楽しそうにしてなければ、
私がつまらなくなるから、


苦手とか関係ないから、
まぁ、苦手であれば、苦手なりに、精一杯、
楽しそうにしてくれと思うんですね。



女の子目線からすれば、

「苦手でも、楽しそうにすることは出来るでしょ?」

「下手でも、頑張って話すことは出来るでしょ?」

ということなんですね。



特に初めて会う女性や
エッチをしてない女性などでは、

情が少ない関係性ですので、

「苦手ならしょうがないね^^」

なんてことは、
社交辞令以外では言ってもらえないと
思うくらいがちょうど良いです。


なんで、ここまで男だけが
頑張る必要があるのかというと、


男と女がデートをしてる時、
そのデートの良し悪しを決めるのは、
ほとんどが男であって、

女性は、デートの楽しさを男性に
依存してることが多いからです。


だからこそ、
男は自分の出来る限りをしなければ、
いけないですよね。


デメリットばかりを言うと、
辛いですが、メリットを言えば、


男、あなたが、デートの良し悪しを、
ほぼ100%決めれる状態であるからこそ、
男は女をリードできるとも言えます。



自分自身が言い訳と思ってなくても、
相手目線では言い訳に聞こえることが多くあります。



人間関係は、相手があってのものですので、
相手目線に合わせた【言い訳にならない言動】を
しなければいけません。


【会話が苦手だから、楽しそうに出来ない】


これは、相手目線だと言い訳に聞こえますよね。


女の子には母性本能があります。

母性本能は、頑張ってる人に
キュンキュンしやすいものです。



苦手をプラスに生かすという考えをした場合、

苦手でない人より、
頑張っている姿を魅せるチャンスがあるわけですので、
苦手でない人以上に、頑張ると良いです。


苦手だけど、
頑張らずにラクをしたいという考えがある人は、

将来をちゃんと考えて、
地に足をつけた行動をしていきましょう。

この投稿にタグはありません。

メニュー

  • LINEだけで女を口説く方法

  • 藤村勇気のブログでは言えない話

  • 無料恋愛相談やお問い合わせ

  • 藤村勇気の個人指導塾の詳細とご感想

  • 無料恋愛相談やお問い合わせは以下のフォームからお気軽にどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    ご相談内容

    上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ