自分の職業を魅力的に伝える時のポイント


『是非、僕に、恋愛のお手伝いをさせてください』と

僕が頭を下げてお願いしたくなる方は、


「お仕事を、一生懸命頑張っていらっしゃる方」

「将来のため、一生懸命、何かを勉強してる方」


というような、
何かに一生懸命頑張ってるからこそ、
恋愛に疎くなってる方々です。



頑張ってる人というのは、意地でも無理矢理でも、
人生が上手くいくべきだと、僕は思っています。



頑張っていらっしゃるクライアントさんと
お話をしていますと、ご自身の職業等の説明が
下手な方がすごく多いです。



女の子に、

「どんな仕事(勉強)をしてるのですか^^?」

と、聞かれた時、


あなたの職業の専門用語を並べて説明しても
女の子は意味が分からないですね。



ですので、


出来るだけ噛み砕いて説明する必要があります。



説明をする時は、


・小学生でも分かるくらいの表現方法

・場合によっては「例えば・・・」というような例えを使う。


これらを意識してください。



WEB系のお仕事であれば、

「インターネットを使って、○○をしている仕事です^^

 例えば、ネット検索をしてると●●なサイトあるでしょ。
 その仕組みを作っている感じです^^b」



輸入販売系のお仕事であれば、

「○○国から、商品を大量に仕入れて、日本で販売する仕事です^^

 例えば、お家に●●があるでしょ。
 それらも、どこかの企業さんが輸入してると思うんだけど、
 そんな感じの仕事です^^b」


というような感じです。


「あなたのしてる仕事を、僕にでも、一発でイメージできるように説明してください。」


というと、たいていのクライアントさんが戸惑われます。



ですが、これが出来ないと女の子と仕事の話になった時に、

「説明が下手な男だな・・・」

と、思われてしまう可能性があります。


ご自身が情熱的に取り組んでいる物事を
分かりやすく説明出来ないというのは、
ご自身の魅力を伝えることが出来ないのと同じです。


一生懸命頑張ってる方というのは、
必ず、考え方に深みを持っていらっしゃいます。



一生懸命頑張っているからこそ
辿り着いた考え方があるはずなんですね。


そして、この考え方こそ、

「年齢を重ねれば重ねるほど得られる魅力」

の1つになります。




20代の若いけど、何かに頑張りたいと
想ってる女の子みたいな子達と、
真面目な会話になった時は、


人生を頑張っている先輩である、
あなたの仕事や生き方に対しての意見や考え方を聞き、
何かを得たいと想ってると考えてください。



あなたが、あなた自身に自信がなかったとしても、
あなたが一生懸命頑張っているならば、



頑張っている分野を通して得た、
考え方については胸を張って話してください。





僕がこのようにお話し出来るのは、
クライアントさんとお話をしてて仕事の話になりますと、


【人のお役に立ちたい】


という考えを持ち、お仕事をされてる方が
すごく多いと感じてるからです。




人のお役に立ちたいという精神で
頑張っていらっしゃるならば、


恋愛はもちろん、対人関係全般で、
魅力的な考え方の会話が、必ず、出来ます。



逆に、人のお役に立ちたいという考えがないという方は、
年齢を重ねれば重ねるほど、老いるだけで
魅力は減っていきますので、注意です。



今日もがんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ