LINEとメールの違い

000 ラインを使いたがる女性が多いですね。


男性からラインのメリットを聞くと、
「使い勝手が良い。」
というような便利面の答えが多いですが、



女の子からラインのメリットを聞くと、
「スタンプが可愛い」
というような感情面での答えが多いです。


男性脳で、
利便性だけを意識した使い方ばかりしてると、


「絵文字やスタンプは、全く必要ないぜ!」


みたいな、いらない男気が出てしまい、
結果、女の子が受け取っても


全く面白くない文章ばかりのメールになりそうだから、
注意してくださいね。


女性もラインを使う理由に、
便利だからという気持ちを持っていますが、


便利だからというより、スタンプなどが面白いから、
ラインを使っていることが大多数なんです。


女性を口説くためには、女性脳を知り、
女性が楽しめるラインをしましょう!



メールとLINEの差

line

メールの絵文字は、
感情表現を確実に理解してもらうために
使うものでしたよね。


たとえば、


「おはよう」

という文章だけだと、機嫌が良い挨拶なのか、
機嫌が悪い挨拶なのかが分かりません。


だから、絵文字で分かるように伝えることが大切なんです。


ラインの場合も、絵文字やスタンプが
感情表現を伝える役割をしているのですが、


ラインは、メール以上に繊細かつ、
大げさな感情(笑かすために盛る感情)を
伝えることが簡単になりました。



絵文字やスタンプがたくさんあるので、
繊細に、どれくらいの大きな感情で伝えようかという
コントロールがしやすくなったんですね。


ですが、スタンプや絵文字がたくさんあることで、
人によっては、デメリットにもなっていると思います。



大げさな感情表現というのは、
【ユーモア】です。


つまり、ユーモアが上手い人にとっては、
LINEのスタンプや絵文字は、種類が多ければ多いほど、
完璧に使いこなすことの出来る最強の武器になります。



ですが、ユーモアが苦手な方は、
スタンプや絵文字の種類が多ければ多いほど、
使いこなすことが難しいと思いますので、


ユーモアが苦手なことが、
バレやすい、最悪流行アプリになってると思います。



この点、僕のメール術は、
絵文字を使うことをお薦めしてることもあり、

LINEとの相性も抜群に良いですので、

僕のメール術を勉強してる方は、
LINEに対しての対応もラクだと思います。


メールの勉強をしてくれたら、
LINEも上手くなると思うので、
是非、頑張ってください。


ちなみに、メールより、LINEのほうが
口説きやすい媒体です。


感情表現を伝えやすいからです。


メールより、会ってるほうが口説きやすいですよね^^

感情表現を伝えやすいからです。



【メール < LINE < 実際に会ってる状態】


という順番で、口説きやすいです。



僕のメール術を習得された方々からすると、
LINEが流行ってる現在は・・・・・


正直、口説くのがラクすぎる世界なのではと思います!



クライアントさんに必要だと言われましたら、
LINEのノウハウ、作りますね^^


その際は、良いノウハウを作りますので、
特に、失敗例をくれる、お手伝いさんを募集させて下さい。


まぁ、僕のメール術、欲を言うなら会話術も!

この2つの教材を勉強してくれましたら、、
LINEの悩みはなくなると思います。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ