あなたに合った優良恋愛ノウハウの選び方

藤村勇気です。


恋愛を今からちゃんと頑張りたくても
何をすればいいか分からない!!!!

これからはお金を惜しまず全て自己投資に使い、自分を磨き
2ヶ月後には、相手の女性を絶対好きにさせられる魅力の男になると決めました。


このような決意を頂きました。


ですが、勉強するものの順番や、勉強するものそのものが
的を外れていれば、せっかくの自己投資も良い投資になりません。


自己投資をされるのでしたら、
意味のあるものにすべきです。



恋愛が苦手な方が、恋愛にド強くなるためには、


まずは、

●容姿(ダイエット・筋トレ・ファッション)
●コミュニケーション(メール・会話)
●出会いの量産(ネットのであい・リアルのであい)

この部分に自己投資をしてください。


上記を強くし終えた頃には、
口説くという部分にお悩みがなくなり、
エッチが出来る環境が整います。



エッチが出来るようになったのに、

【エッチまではいけるけど、エッチをした後の女性の反応が悪くなる】

みたいなお悩みにぶつかった時は、
SEXテクニックを、勉強してください。



ここまで勉強してくれたら、
一般レベル以上のモテ男に当然なれます。



そして、その後、まだ、
恋愛力の向上に興味がある場合は、


難しい学問と融合させた難しいテクニック

を、勉強すると良いです。



【どれだけ恋愛の勉強をしても、何も変化がない】

という方は、

恋愛の勉強をする順番を間違えています。


何から勉強していけば良いのか?

a0001_017472_m
例えば、「すげー!!」と思える恋愛の方法ほど、

●容姿(ダイエット・筋トレ)
●コミュニケーション(メール・会話)
●出会いの量産(ネットの出会い・リアルの出会い)


これらが出来ている前提だからこそ、
実践できる方法が多いです。


つまり、口説くことは普通に出来る人だからこそ、
実践できる方法が多いということです。



自己投資をしようと考える時は、
費用対効果を考えた時に、
凄そうなものほど、得をするような気がする。

と思います。


ですが、凄そうなものほど、
恋愛が苦手な間は、「実践はできない・・・」と
なってしまうものが多いです。



あなたの自己投資を最大限に生かすためには、

【あなたの出来てない部分を鍛えてくれるノウハウ】

を、選ぶことで、
最大限に最速で成長することが出来ます。



僕は、”恋愛コンサルタント”として
教材を作っています。

つまり、
クライアントさんに成長と結果を差し上げるために
教材を作っています。

その僕の教材には、基本的なことも多く書かれてます。


なぜかと言いますと、
上記のような理由があるからです。



自己投資を最大限に生かす基準を

「凄そうなもの」ではなく、「目を背けてるけど、鍛えないといけないもの」

に変えてくれると、


あなたの自己投資は、意味があるものになります。



【やりたくないなー】という甘えを
なくすことが大事です。


頑張ろうと思った時は、
チャンスですので、がんばってください!



人生、頑張ろうとポジティブになれる時間は、

常にあるわけではないので、

貴重な時間だという意識を持つことが必要です。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ