会話の上達が遅い人の特徴

kaiwadame 「卵かけご飯」

というキーワードだけで、
どれだけ会話を膨らませることが
できますか?


ここで、会話が、あまり上達しない方は、
知識を使おうとします。


卵かけご飯の発祥地だとか、
卵かけご飯に合う、最高級卵とかの知識を
得よう、話そうとしちゃうということです。


会話を知識で上手くなろうとしますと、
少なくとも、
知識がない分野の話題には対応できなくなります。



ですので、自分自身が得意なジャンルの話題に
相手を無理矢理、引き込もうとしてしまいます。



その上、相手がその話題に興味がない場合、
すごいつまらない会話をしてしまうことになります。



知識を使おうとすることは、
その場しのぎの会話をしようとしている、
ということは、分かりますよね^^



その場しのぎだけなら、まだ良いですが、


知識が必要だと考えてしまう方ほど、
それこそ、女の子と話す可能性のある話題”全て”において、
知識を得る必要があると考えてしまい、


いつまでも知識を追いかける必要があるみたいな
無限地獄にはまってしまう方もいらっしゃいます。



会話には、知識が必要だと考える方は、


【頭が悪い人であっても、会話が上手い人が、たくさんいる。
 会話が上手くなるために必要なものは、知識ではないという事実だ!】


という部分に、とりあえず、戻りましょう。



少なくとも、

その場しのぎの方法論は、
あくまでその場しのぎであって、
成長はあまり見込めません。





例えば、

『卵かけご飯 → おいしい → どれくらい美味しいか?(ユーモアを混ぜて)』


などなど、感情面に意識を向けて

会話を膨らませようとすると、良いです。



感情面に意識を向けた会話の膨らませ方ですと、


当たり前ですが、
知識がゼロのどんな話題に対してでも、
話題を膨らませるようになります。



結果、どんな話題であっても、
会話が出来るようになりますので、
会話自体が上手くなります。



それこそ、知識が豊富な得意分野などで
実践し始めれば、
ストレスも少ないですので、習得をしやすいですね。




車 → カッコいい → どれくらいカッコいいか?(ユーモアを混ぜて)

恋愛経験 →ないから純粋 → どれくらい純粋なのか?(ユーモアを混ぜて)



また、【自分自身の、本音の感情】というより、
【相手と共感できそうな感情】に意識を向けると
より良いです。



相手が「卵かけご飯を好きじゃない」という感情を持っていれば、
「じゃあ、俺は、大嫌いだ♪」
というくらいの感情があると良いということですね。




あくまで、会話というのは、

基本的に、
相手が卵かけご飯を好きなのか嫌いなのか、
自分自身が好きなのか嫌いなのか、

という、情報を知るためにするのではなく、


相手と卵かけご飯という1つの話題を使って、
会話を楽しむためにします。


そして、相手を口説き落としたければ、
相手を会話で楽しませる必要があり、


相手を会話で楽しませるためには、
相手の感情と一致させたほうがしやすい。

ということです。




相手の情報を知るためにする会話は、

男「笑い。 ていうか、本当はどっちなの? 好きなの?嫌いなの?」
女「嫌い^^」
男「好きって言ってたじゃーん!笑い」
女「つい、流れで好きと言っちゃった><!」

というように、
会話自体を楽しんだ後にすると良いです。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ