上手な趣味の共感の仕方と、ダメな共感の仕方の違い。


今日は、上手な趣味の共感というか、

趣味で共感しながら、
デートに誘う会話の仕方について、お話します。


まず、あるクライアントさんの例です。



男「テニス好きなのですか^^?」

女「大好きです! 好きなのですか^^?」


男「はい^^ 休みは、たいてい、テニスしてるくらいです♪」

女「私は、週2くらいでしてます^^」


男「今度、勝負しますか^^?」

女「私でよければ、是非!」


男「いつにしましょうか?」

女「○○日なら空いています^^」


この趣味の共感ですと、
テニス仲間になってしまいます。汗。


テニス仲間を見つけるためには、
良い会話の仕方になるのですが、


恋愛活動をしているという体ならば、
あまりにも遠回りです。



テニスをして、テニスをして、テニスをして・・・

なんとなく仲良くなり、

付き合うことになりました!



というのは、恋愛活動と言う点では遠回りですね。

正直、すごく面倒になると思います。





じゃあ、どうすれば良いのかといいますと、




男「テニス好きなのですか^^?」

女「大好きです! 好きなのですか^^?」


男「はい^^ 休みは、たいてい、テニスしてるくらいです♪」

女「私は、週2くらいでしてます^^」






男「なんだか、ものすごい趣味が合って、○○さんと話すのすごく楽しいです^^」


女「私もです^^」


男「機会があったら、ご飯とか行きませんか^^?」

女「はい^^是非☆」


【趣味で共感したとしても、その趣味に誘わない】


です。



美味しいご飯を探検するみたいな事柄で
共感できた場合は、そのまま、
ご飯に行けるので、良いのですが、


話すことが主になるデートに直結しない
趣味で共感してた場合には、


「趣味が合って、話すのが楽しい」


という建て前を作り、ご飯やドライブ、
などの一般的なデートに誘うと良いです。


過去、上記のクライアントさんのように、
そのまま趣味に誘ってしまった人や、
現在、してしまいそうな方、いらっしゃると思います。



恋愛は、いかに簡単に成功させるかということに、
”頭を悩ませる”ことが大切です。



何度もテニスに行くよりも、


うんと楽しんでもらうまでテニスの会話をし、
十分楽しんでもらった時に
ご飯などに誘うほうが、ラクですよね^^


僕は、恋愛をラクしたい主義なので、特にラクすることは大切だと思ってます。


頭を悩ませることをしなければ、
面倒な行動をしなくちゃいけなくなります。



ラクをするためには、頭を使うです!




そして、

あなたが頭を悩ませるという部分の代行をしてくれるのが、

ノウハウであったり、

コンサルタントであったりです^^



この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ