ボディタッチを飛躍的に上手くする方法

body 藤村勇気です。



【ボディタッチを飛躍的に上手くする方法】


再前提として、
ボディタッチは仲良くなるためにするものではなく、
エッチをする前座としてすると考えてください。



仲良くなるためのボディタッチはあえてせず、
紳士に振るまっておき、

いざ、エッチが出来そうだなという時にだけ、
ボディタッチに発展させていったほうが、
エッチに持って行くのがラクということです。



つまり、

女性の肌に触れたりするタイミングを、


【今、ボディタッチを深くしていくことは可能だな♪
 そして、ホテルに誘導出来るな♪」


と、思った時だけにしようということです。




ボディタッチの仕方は、
大まかに分けて、2パターンあります。



●1つ目。

「抱きしめていい?」

「キスしてもいい?」

「○○ちゃんと、エッチしたい。」


などストレートに言葉を発し、
恥ずかしそうになってる相手やOKをくれた相手に
そのままボディタッチする。




●2つ目。

「大きな声で言えない事なんだけど・・・耳かしてくれる?」

「なーに^^?」

【吐息をかけながら、囁くように女性の耳元で会話をする】

「くすぐったいんだけど♪」

「もうちょっとで話し終わるから、ジッとしてて^^」




女性が耳元でささやかれてるのを受け入れだし、
ちょっと身体や肩を固くさせたりなど、
感じるのを我慢してるな的な行動をしだした時に、

耳たぶを触ったり、唇で触れたりし、
感じてることを我慢できなくさせる。



簡単に言うと、

場の雰囲気を作り、
ボディタッチを少しずつ深い部分まで
受け入れてもらう作戦です。




この2つの使い分けを上手くすると、

女性のゲット率はかなり上がります。




では、1つ目と2つ目を、
どのように使い分ければいいのかというと、


・1つ目は、相手があなたに好意がある時。

・2つ目は、相手があなたに好意があるとは思えないけど、ノリが良い時。

です。



1つ目は、僕のように、
好意を持たせてから会うという恋愛スタイルの方が、
使うと良い方法です。


2つ目は、ナ●パ、合コンなど、
ノリや流れでなんとかしよう的な恋愛スタイルの方が、
使うと良い方法です。



行動の単純さから言えば、

1つ目のほうがラクです。



ストレートに言えばいいだけだからです。

ですが、

恋愛が不慣れな方は、


【抱きしめたい、なんてを言うと、嫌われちゃうんじゃないか・・・】

という自信のなさから、


1つ目のボディタッチの方法を
すべき状況でも、
2つ目のボディタッチの方法をしようと
考えたりします。



ただ、ここで考えて欲しいのが、


1つ目のボディタッチをすべき状況で、
ノリや流れに任せるような2つ目のボディタッチをすると、
チャラい、軽いなどと思われやすくなるということです。



逆に、

ノリや流れに任せるような2つ目のボディタッチを
すべき状況で、
1つ目のようなストレートな発言をすると、
キモいと思われる可能性が高くなるということです。




あなたの自信の有無にかかわらず、

すべき状況ですべき選択肢を使いボディタッチをしないと、

ダメということなんですね。




恋愛が不慣れな方は、

【自分自身が、1番しやすい方法を選択します】



恋愛が上手い男は、

【女性が、1番受け入れてくれやすい行動を選択します】



この差を埋めなければ、

当然、恋愛が上手くなることは出来ませんので、


不得意分野ほど、

果敢にチャレンジをしてください。



がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ