デートに誘う最高のタイミング

藤村勇気です。


デートに誘うタイミングについてお話しします。



いつデートに誘うと、
1番、良い結果につながりやすいかということを
理解してくれますと、


様々な状況での
タイミングも分かりやすくなるのではと思います。



良い結果につながりやすいデートの誘い方は、

「デートしてください^^」
「デートしよう^^」

というように、直球で、
デートという言葉を使いながら誘うことです。



デートというのは、
男女の恋愛に発展するための行動
ですよね。


このデートという言葉を
はっきり出しながら誘った時に、
OKをくれる女性は、


デートの楽しさによって、

・恋愛としてOK
・恋愛としてNG

上記2つの選択肢以外の判断を考えてないことが多いです。



例えば、

「美味しいお店があるんだけど、食べに行かない^^?」

「遊園地行こうよ^^」

など、デートという言葉を使わないまま誘った場合は、

デートの楽しさによって、

・恋愛としてOK
・恋愛としてNG
・友達としてOK
・友達としてNG

という恋愛関係以外の選択肢も
女性が持っていることが多いです。




ものすごく楽しい、2人きりでの食事が出来た!

という際であっても、


『でも、○○君のことは、友達としてしか見れない><』

と言われてしまう男性の多くは、


デートというような言葉を使わずに
女性を食事に誘ったりしてることが多いのではと
思います。


つまり、直球な言葉を使わずに誘った場合は、
ものすごく楽しい食事が出来たとしても、

「友達としてOK」という選択肢が相手にあるという

面白くない状態ということです。


逆算しますと、
デートに誘う最高のタイミングについては、


【デート】という直球な言葉を使って誘っても、

相手がOKしてくれそうな関係性の時。


ということです。



最高のタイミングから外れれば外れるほど、
2人きりの食事自体は出来たとしても、
恋愛の結果としては、良い結果が待ってる可能性は低くなる。


ということになります。




デートの約束をするためには、

・会社や学校であれば、顔を合わせた時の会話

・離れてる時は、ラインやメール


これらを駆使することになります。



告白をする際には、告白をする前の
関係性作りに全力を注ぐ必要があります。


デートをする際には、
デートをする前の関係性作りに全力を注ぐ必要があります。




今、デートに誘おうとしてる女性がいる場合は、
想像してみてください。


「俺とデートしよ^^」

と、言った時に明るく「うん^^」と言ってくれる子であれば、

上手くいく可能性はすごく高いです。



ですが、「デートはちょっと・・・ご飯だけなら。。」

というような感じで言われちゃいそうな時は、



まだデートに誘う時ではないかなと考え、
メールや普段の会話で、相手の女性との、
より深い関係性作りをしようと考えたほうが
良いかもしれません。



少なくとも、僕の場合は、

デートという言葉をOKしてくれる女性でないと

食事にも誘いません。



・会社や学校であれば、顔を合わせた時の会話

・離れてる時は、ラインやメール


これらを駆使し、

直球で誘ってもOKをもらえる関係になってから誘います。




がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ