モテることを諦める男と諦めない男のマインドの差

30e35cc5d4bbeee964c243a776d4b1c5_400x400 藤村勇気です。


慣れないことをするのは、ものすごく脳を使うし、
精神も擦り切れるし、疲れますよね。


でも、恋愛が苦手な方は、どこかの部分に、

慣れなくても
慣れるまで頑張らなきゃいけないほどの
改善点があるはずです。


改善点がなければ、
少なくとも恋愛には困ってないはずだからです。


例えば、

洋服のセンスだけで
女性からNGをもらってた人がいるならば、
本当の自分自身じゃないような洋服を買い、
慣れなくても、その洋服を着ることで反応が良くなります。



洋服を変えるだけでモテることが出来るなんてのは、
むちゃくちゃ精神的負担が少ない、超簡単な例です。



僕は会話やメールを、主に、お伝えしてるので、


会話やメールの部分で、
クライアントさんに慣れないことでも、
慣れるまでしてください。


と、お願いすることがあります。


どれだけ大変であろうと、
改善してもらわないと、
モテるのが不可能に近い改善点だから、


慣れるまでしてくださいと、
お願いをする時があるということです。


その時に、

・くじけてしまう人

・やり遂げてやると頑張ってくれる人

がいます。


やり遂げてやると頑張ってくれれば
モテる未来が、もう目の前なのに、


なんで、くじけてしまう人がいるのだろうと
考えたりします。


深く考えなければ、

【モテたい気持ちが、そこまでないから、諦めが早いのだろう!】

という解釈になるのかなと思うですが、


こんなでは、酔っ払いが適当に感じるレベルの
表面的なクライアントさんの
理解の仕方になるだろうと思います。


事実、モテたい気持ちが十分あるのに、
あきらめてしまう人がいらっしゃるんですね。



そして、このような方には、

●理屈で物事を理解しようとする癖があり、根がネガティブ人

●先の将来を考えすぎている人

が、多いです。



理屈で物事を考えることをカッコよくいうと、
論理的思考になるのですが、論理的思考というのは、
ポジティブであることが前提の考え方です。


つまり、

【前進するための最短の道を見つけるための思考】

が論理的思考で、


前提がネガティブだと、ただ、物事を深く考え、
ただ難しく思うだけになります。



当然、やる気が削がれ、くじけてしまいます。



先の将来を考えすぎている人というのは、


例えば、エッチ出来そうな女性がいないのに、
エッチをする時の方法を学ばないといけないと
考えてしまう方です。



口説こうと思う女性が、まだ、いないのに、


・手をつなぐには?

・コンドームはどこにある?

・結婚式は?


などなどと考えてしまう癖があると、


【成長しようと意識すればするほど、より多くの不安も、同時に訪れることになります】


これでは、成長するのが怖くて、止まってしまいます。




つまり、どれだけやる気があっても、


●理屈で物事を理解しようとする癖があり、根がネガティブ人

●先の将来を考えすぎている人


これらのマインドがあると、くじけるタイミングが
異常に早くなる可能性があるということです。



じゃあ、どうすれば良いのかというと・・・

【目の前の課題だけに集中して、その課題をクリアした後に考えなさい!!】

です。


そもそも、目の前にある、
あなたが今、出来ていない課題というのは、
集中しなければクリア出来ないと思います。



集中しないだけでもクリア出来ないのに、
さらに、足を引っ張るマインドがあなたにあるならば、
それは上手くいかなくなります。



ですので、

【目の前の課題だけに集中して、その課題をクリアした後に考えなさい!】


集中をすれば、
他のことは考えることが出来ないので、
集中時は、不安が消えます。



先日もクライアントさんとお話したのですが、


義務教育の時は、強制的であっても、
勉強させられたと思いますので、
諦めるという選択肢がなかったと思います。


でも、恋愛は、諦めるのも、頑張るのも自由です。


【恋愛を勉強しないとダメだ!】

という強制力は、
自分自身で作らないといけないんですね。



あなたが恋愛を本当に上手くなりたいならばです。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ