モテるための正しい恋愛リーダーシップ論

藤村勇気です。


リーダーシップをとることは、
ものすごく重要ですが、
勘違いされてる方が多い部分になります。



恋愛に限らず、職場などでも、そうです。



勘違いしてる人のほとんどは、
リーダーシップというものについて、
根っこの理解が間違ってます。


嫌われるリーダーシップ

motenaimen
例えば、

「料理を取り分けてくれ!」

と、女性に命令をする男性がいるとします。


部下にさせる上司でも良いです。


彼は、料理を取り分けさせるという、
命令的な要素のある行動をすることで、
リーダーシップをとってると、
理解されてたりします。



ですが、このリーダーシップは、
女性や部下に嫌われるパターンの典型です。



好かれることがあるとすれば、
リーダーシップという意味で好かれるのではなく、
相手がドエムだったから好かれた。


です。


もしくは、

元々、好意を持たれていたから、なんとか嫌われずに済んだ。

相手がものすごく寛容だった。

というパターンもあります。



普通、部下の立場になってみると、

「クソみたいな上司だな。自分でやれよ! こんな上司と、ご飯は行きたくない!!!」

と、思いますよね。


モテるリーダーシップとは?

moteru
リーダーシップについての
理解をちゃんとするために
重要なのは、


【相手の精神的な部分をリードしてあげることが、リーダーシップである】

と、考えることです。



例えば、

料理を取り分けていいのか、
自分の箸を使っていいものか、
分からなくて、


食べたい料理に手が出せなさそうな女性や部下が
目の前にいた時には、


「あなたが率先して、取り分けてあげる。」

「あなたが率先して、菜箸を使うか、直箸を使うことの意思表示をする。」

というようにです。




「命令をする」「させる」ということを、

リーダーシップだと勘違いをしてますと、

少なくとも、

>「あなたが率先して、取り分けてあげる。」

この行動は、しないと思います。



つまり、リーダーシップというものについての

根っこの部分の理解を間違えていると、

行動が180度違った方向性に進んでしまうことがあるんです。





【料理を取り分けている男】という人物を

目に見える出来事だけで見ると、

媚を売り、パシリのように見えることもあるかもです。


リーダーシップを発揮しているとは
言えない状況に見えるかもしれません。




ただ、目に見えてない
心のやり取りの部分を覗くと、


女「この料理、食べたいんだけど、どうしたらいいかな><」

男「食べたいけど、困ってそうだな。 じゃあ、僕が取り分けてあげるよ^^」

女「ありがとう^^」

という、女性の不安に対して、
リーダーシップを十分発揮してる場合があります。



【しかし!】

だからと言って、料理を取り分ければイイんだ。

という問題ではありません。



それでは、リーダーシップの根っこを
理解したことにはなりません。



例えば、

女「私が料理をとりわけてあげたいな。でも、いいのかな?」

と、女性が思っていた場合は、

男「料理、取り分けてよ^^」

ということがリーダーシップを発揮することになります。


分かりましたか?


【相手の精神的な部分をリードしてあげることが、リーダーシップである】


という意味についてです。



女性が心で思っている”したいこと”によって、
リーダーシップを発揮するための行動を
変化させなきゃいけないということです。


命令的な行動をすることが
リーダーシップだと思ってる人が
大失敗してしまう原因は、


女性がしたいと思っていないことに対してであっても、
命令的な行動をとってしまうからです。



そして、大失敗してしまう行動をする原因は、
リーダーシップに対しての
根っこの部分での理解が違っているためです。



嫌な上司のあるある、
恋愛の勘違いあるあるだったりします。



あるある話になるくらい、
リーダーシップについては、勘違いしてる人が多いですので、
あなたは、ちゃんと理解してください。



この投稿にタグはありません。

メニュー

  • LINEだけで女を口説く方法

  • 藤村勇気のブログでは言えない話

  • 無料恋愛相談やお問い合わせ

  • 藤村勇気の個人指導塾の詳細とご感想

  • 無料恋愛相談やお問い合わせは以下のフォームからお気軽にどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    ご相談内容

    上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ