名前を聞くこととタメ口のメリットトリスク


藤村勇気です。


今日は、まずは、これらの画像を見てください。






最近、モテ男製造機ロボットとして、
生きてるような、

恋愛コンサルタントの鏡のような、日々を送ってます。



クライアントさんから
優しさや結果や楽しんでくれてる気持ちを
頂けるので人間に戻れます。




数週間で、
モテ男になってもらってるクライアントさんが
数名いるのですが、


ようやく
僕の言ってることを理解してもらえるように
なってきました。


藤村勇気の精鋭部隊のような方々です。


彼らがダメなら、僕もコンサルタントとして、
ダメみたいな感じですね。



どんな気持ちを分かってもらえるように
なったのかと言いますと、


●相手の名前を、自分からは聞かないほうがいいですよ^^

●ため口にしようと、自分から誘導しないほうがいいですよ^^


という気持ち(ノウハウ)です。



相手の名前を聞こう、呼ぼうというのは、
モテてない男性が女性を口説くためのノウハウではアリですが、


現在、モテてる男が、
女性を口説くためのノウハウとしては、
基本ナシです。



なぜかというと、

【たくさん、女性を囲っていると、名前を間違えるから】

です。



女性をたくさん囲っているのに
名前間違いをしないモテ男は、確かにいるのですが、


そういうモテ男って、
めちゃくちゃマメな人なんです。


普通は出来ないだろうと思うくらいの、
尋常じゃないマメさがあるから、間違えないだけで、

・・・普通の人は間違えます。汗。



実際、数週間でモテ男になってくれた方は、


変化が急速すぎて、
モテ男環境に慣れてないというか、

言ってみれば、時差ボケのような感じで、
たまに、モテない時のままの会話を
どうしてもしちゃう時があります。



例えば、

「名前、聞いてもいいですか^^?」

と、自ら、相手の名前を聞いたりされます。


ですが、女性を囲い過ぎてるので、

「あっ!この子に名前を聞いてたことを忘れてた><!」

みたいな失敗をされます。


このようにです



情のない関係性だと

「名前忘れられるくらい、まだ、関係も浅いし、しょうがないか・・・」

と、まだ、女性も理解してくれる可能性がありますが、



エッチなどをしたり、深い関係になると、

名前を間違えるのは、
ものすごい致命的な大失敗になります。



もちろん、名前だけでなく、住んでる場所、仕事・・・

相手の個人情報全般に言えます。




たくさんの女性を囲っている男性は、

忘れてしまうという失敗を、
リスク回避しようと意識すべきですので、


出来るだけ、
相手の個人情報を聞かないまま
口説いたほうが良いんです。



この辺りは、実際に多くの女性を囲わないと
理解出来ない内容かもしれないです。


普通は、名前を聞いたほうがイイに決まってます!


複数の女性を、リアルに囲い、

藤村精鋭部隊の方々のように、
実際に名前を聞いたことを忘れてしまう失敗を体験することで、
理解してもらえるのではと思います。



●次は、ため口を誘導しないという部分です。


どうしても、
ため口に誘導したがる方が多いです。


僕が、

「ため口にするメリットってなんですか^^?」

と、お聞きすると、


「距離感が近くなるから」と、お答えいただくことが多いのですが、



敬語で話してる上司でも、
仲良くて、距離感が近い人っていますよね?


敬語でも距離感は近くなれるんです。



距離感を近くするために
ため口に誘導するというのは、
ちょっと小手先が過ぎます。


距離感を近づけることが目的ならば、
会話力を身に付けることで、
敬語のまま距離感を近づけていきましょう!




じゃあ、なんで、僕が、「ため口誘導」を、オススメしないのかと言いますと、



・ターゲットの女性が、

10代後半のような精神年齢であれば、

ため口のほうが波長が合うので良いですが、


そうではない、一般常識を持ってる女性ならば、

タイミングを間違えると、

「慣れ慣れしい」と思われるリスクがあります。



当然、モテない男性ほど、
タイミングを間違えてしまうので


慣れ慣れしいと思われ、
一瞬で大きく好感度を下げてしまう
可能性が高くなります。





・あなたが大人と言われる年齢ならば、

「ため口にしよ。とか、大人なのにチャライ(悪いギャップとしてです)。」

と、思われるリスクがあります。



特に30代を越してる方、

あなたが20代前半だった頃の、
30代の男性達のイメージはどんな感じでした?


おそらく、

【大人だなー。】

というイメージだと思います。



その大人だなーというイメージである男性が

『ため口にしない^^?』

とか言ってるのって、チャラいですよね。汗。


30代を超えたあなたが、
TPOをわきまえず、
テンプレートのように、「ため口にしようよ」なんて言ってますと、

チャラい=精神年齢が低い

と、思わる状況が多々出てきます。


特に真面目そうに見えるという男性が

「ため口にしない^^?」

というと、悪いギャップが強く働く可能性があります。


実際、
ため口にしてフェードアウトされた経験がある人は
けっこう多いのですが、

それでも、ため口誘導をされるのは、反省不足です!


ため口にしたことで成功したと勘違いしてる
成功体験が、ため口誘導を、強靭にテンプレート化させます。


厳密に言うと、


ため口にしたことで成功した時というのは、


ため口にしたから成功したのではなく、

そもそも、ため口にしても、ぜんぜん、良い関係性が作れていた時に、

ため口誘導をし、OKをもらい、

男側が「今がチャンスだ!」と感じて、

勇気を振り絞ってアプローチし、口説くことが出来た。


そもそも、ため口にしなくても、勇気さえあれば、口説けてた。


という状況だろうと思います。


つまり、本当は、ため口にしたから口説けたわけではなく、
ため口にしなくても、口説けば、口説き落とせてた状況ということです。




あなたの勇気のキッカケになるのが「ため口」
これは、ギャンブル的思考だから、
時にはフェードアウトされて当たり前なんです。


※チャラい場では、ため口にしてください。


そして、最大のポイントは、コレです。



男側からため口誘導をしないままでいれば、
いずれ女性側から、

「ため口にしませんか^^?」

と、聞いてくれたりします。


つまり、女性の好意度を”超簡単”に読めるんですね。


ため口にしたい相手というのは、
仲良くなりたいと思ってる相手ですよね。


相手から提案されるのを待ち、
自分からため口誘導をしないだけで、


【相手が、俺と、仲良くなりたがっている】という
100%の確信を得れる状況を作れるんです。



今日、お話したノウハウは、
僕くらいしか推奨していないくらい珍しいので、
信じにくいかと思いますが、


女性をたくさん囲えば、
ホントなんだなと分かってくれると思います。


モテ男になる前提で恋愛活動をしてるならば、

モテ男になった時にも
即対応できるような会話の仕方を、
今からしておいてください。


ただ、先ほどもお話しましたが、
1人の女性を口説き落とすだけで良いという場合は、
名前は聞いたほうが良いです^^


この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ