学力があるのに恋愛は苦手な人にアドバイス

藤村勇気です。


学校で色んな勉強をされてきた方ほど、
知識は豊富になってると思います。


その学んだ知識というのは、
恋愛のコミュニケーションでは
雑学的な扱いになります。



雑学を話しまくる人というのは、

「インターネットに乗ってる内容は、今、話さなくていいよー><」

「で、何が言いたいの?」

「私は、勉強をしにきたわけじゃないんです。。。」


というように、一言で言いますと、
つまらないと敬遠されがちになります。



勉強をしてこなかった人というのは、
知識が豊富でないので、
上記のリスクを自然に回避出来た会話をしています。



ただ、知識はないよりあったほうが良いです。



勉強をしてこなかったけどモテる人が使う会話の仕方に、
勉強をしてきた人の知識を合わせると、
レベルの高いコミュニケーション法が出来上がります。



どちらにせよ土台は、

知識を使わないコミュニケーションをすること

になるということです。



レベルの高いコミュニケーションをするために必要なのは、

知識は、情報として使わない。

という意識です。


知識を情報として扱った瞬間から、
雑学を話すつまらない人のトークと同じになってしまいます。


『万有引力の法則って知ってる^^?
 今、グラスからワインがこぼれないのは、なんでかというと・・・』







つまらないですよね。



ですので、情報として扱うのではなく、
知識を、あなたに沸き起こった感情を
例える手段として扱うと良いです。



例えば、

1「今の僕、すげー冴えてるよ♪」

2「今の僕、ニュートンが落ちてくるりんごを見てた時くらいに冴えてると想う♪」


上記の2つの文を比べた場合、


●1の場合の女性の返事は、

「すごい冴えてそうだね^^」

「そうなの^^?」


など、笑顔はあるけど、
単純なオウム返しのような返事を期待できます。


相手がただのオウム返しですと、
次の話題に困りますね。



●2の場合の女性の返事は、

「ニュートンって何?笑」

「それは冴えすぎでしょ!笑」


というように、単純なオウム返しではなく、
何かしらのプラスアルファのリアクションも
含んだ返事を期待出来ます。



会話が上手くない人の会話を聞いてますと、

俺は、君にとって、役に立つ知識を教えているんだよ^^


というような気持ちで、相手からの好意を
得ようとしていることが多いように感じます。



知識で好意を得れるのは、知識を求めてる人に対してです。


恋愛の場で相手が求めているのは、
楽しい感情だとか、幸せな感情だとか、感情面になります。



学校で勉強をしてきた人が上手く会話が出来てない時、
上記のような知識の使い方をしてる時があることが多いです。



「学力はあるがモテない!クソ!!」

という方は、まずは、思い切って、
学力を恋愛の場面で捨ててみてください。



新しい視点で会話を見れると思います。



がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ