イケメンじゃなくてもモテますか?

ikemen よくある恋愛のお悩みの中には、

「俺は、イケメンじゃない。」

という内容があります。



男は、女の子を見た目でかなり判断しますので、
同じような判断基準で他の男や自分自身を見た時、



イケメンでないのであれば、

「俺って、カッコ悪いな。ブサイクだな。」

と、思ってしまうのも無理ないです。




また、中学、高校の時期というのは、
女の子も、精神年齢が発展してなかったり、
恋愛の経験値が低かったりで、


どうしても、男を見た目で
しか判断できなかったという現実もあります。



つまり、男は、大人になってからの
いろんな判断基準の元になる幼いころの経験で、


「イケメンはモテる」


と、洗脳されて生活してきたようなものです。


だから、

【イケメンはモテる】

を信じることは簡単でも、
否定したり、考えなおしたり、
することは難しくなります。



でも、現実的には、ブサイクでも十分、モテてる人はいますね。



現実的なモテる方法を知るには、
イケメンはモテるをあえて、否定することが
けっこう正しかったりします。



でも、でも、
カッコいい男は大人になってからもモテます。


20代後半からは、カッコイイ=イケメンではない

nicegay
何が言いたいのかというと、

【カッコいい】の意味が、

女の子の中で、変わってきてるということです。



幼いころの女の子は、確かに
イケメン=カッコいい でした。



でも、精神年齢が相応の女の子は、


情熱的、強い、逃げない、頼りがいがある、リーダシップがある、

弱音を吐かない、考え方が大人、余裕がある、


などなど、男の生き方的な部分に対して、
カッコいいと考えてます。



そして、


男の生き方的な部分に対してのカッコいいを
一言で表すと、「挑戦している」ということになるかなと思います。



女の子も、したいことがあったりすれば、
したいとは思ってるけど、踏み出しにくい一歩だったりして、
結局、妥協したりしてることが多いんですね。



妥協している自分自身っていうのは、
あなたもそうだと思うのですが、
女の子も、自分自身のすごくイヤな部分なんです。



だから、単純に、挑戦してる人をカッコいいと思うんですね。



挑戦というのは、結果がついていなければ
成り立たないことではありません。

「したいことに対して、まっすぐ、頑張ってる行動」

が、挑戦です。



すごく典型的な例として、

成し遂げた男(満足した男)よりも、
成し遂げようとしている男(満足せず、挑戦してる男)のほうが
モテやすかったりします。



つまりは、誰にでも、今すぐつけることが出来る

最強のカッコよさなんです。



もちろん、あなたにも、

今すぐに身に付けることの出来る、
最強のカッコよさなんですよ。



チャレンジしてください。

あきらめることは、絶対にしないでください。



ナンパをしたいと思っていたけど、

ずっと逃げてた方が、


「声をかけることが出来ました!!!」

と、おっしゃってくれてる時の嬉しそうな雰囲気って

すごいです。


何か、新しい扉を開いたみたいな気持ちに
なってくれてるなと感じます^^


逃げてる方は、
声をかけるなどはクリアしないと、

後あとの人生で、何か引きずるかもですから
何としても、
声をかけて欲しいものです。


最後の頼みは、あなたの心にあるチャレンジャースピリットです!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ