あなたの知らない”自分の可能性”の見つけ方

zasetukinshi 「リーダーというのは、99%ダメだという状況であっても、
 残りの1%の可能性を、全力で信じることが出来る人だ。」

と、聞きました。



そんな人がいたら、ついていきたいと思いますね^^



また、裏を返せば、ダメだと諦めようとしたり、
挫折しようとしたりするタイミングというのは、

「100人いたら99人が似たようなタイミングだ」

とも言えます。



リーダーになりたい方は、


一般的に「もうダメだろう」と思うような状況で、
あえて、まだいけると信じ切り、打開策を真剣に考え、
さらに、その時に、周りを鼓舞できる男になってください。



恋愛が上手くいく人は99%の人が諦める所で諦めない思考を持っている

renai

今日、僕がお話したいことは、


リーダーのように、
周りの人全員を鼓舞する力までは、
無理に持たなくてもいいけど、


自分自身が諦めそうになった時に、自分自身を鼓舞出来る力は持ってほしい

ということです。


あなた自身を強くする力は持ってください。

99人と同じタイミングで諦めるのはダメです。


・もうダメだ。
・もう諦めたい。
・もう辞めたい。
・辛すぎる。


壁にぶち当たった時、悲観的な考え方は、
前を向こうと考えるよりラクにできます。



だから、心の力を抜いていると、
アッサリと、諦める言動をしてしまうものです。



恋愛に悩んでいる時というのは、
思いっきり壁にぶつかってる時ですよね。



悩んでいることを解決しようと考えても、
解決方法が分からなければ、


「いつまで、辛い想いをしなきゃいけないんだ。。。」


と、先を考え、やはり、あきらめたくなると思います。



そういう時は、先を考えず、今だけを見て下さい。



今、していることは正しいのか?

今、していらっしゃることが正しければ、
昨日より、良い明日が待っていると、

自分自身を信じれる力が強くなります。



今、まだ歩く力は残っているんじゃないか?

力を余したまま諦めてしまう人は、
先を見過ぎてます。

全力を尽くし、諦める決断をしたのかを
ちゃんと把握するためには、

今だけを見る必要性もあります。





学校で学んだ勉強も、今、していらっしゃる仕事も、
振り返ってみれば、けっこう大変だったかと思います。



小学生の時に、

「あと16年(大学卒まで)、勉強しないといけないのか・・・?」

と、考えていたとすれば、
おそらく、勉強を挫折してたと思います。




今、出来てる仕事を振り返ってみれば、

「そういえば、この仕事を、まともに出来るのに○年かかったな・・・」

と、思うほど、
難しい仕事をしていらっしゃったりも
すると思います。




学校の勉強の成果や、仕事の出来などは、
ぶっちゃけ先を考えなくても、

今、あなたが、難しいと考えてる恋愛であっても、正しく学んでいれば、

あなたは出来るようになるという証拠です。




諦めるから、出来ないと思っちゃうんです。




幼いころの勉強や新入社員のころは、

【与えられたものをとりあえず、やっておこう】

くらいの気持ちだったかと思います。


良くも悪くも、素直だったと思うんですね。





恋愛は、素直になって勉強することが難しいです。


誰であっても、今まで、様々な形で人とコミュニケーションをとっていたため、
自己流の成功イメージや、自己流の方程式のようなものがあるからです。


臆病になってしまうのも、
我が強すぎてしまうのも、


今まで経験したことの中で一生懸命考えた、
自己流の上手な人間関係の生き方ですよね。


嫌われない生き方ですよね。


ただ、今まで経験してきたことが
一般的に間違っているような環境だったとすれば、
あなたの自己流も間違いになります。


恋愛に悩んでいらっしゃる方は、
人に優しくされた経験が、
恋愛が上手い人間よりも少ないことが多いです。



だから、臆病になったり、
我が強くなったりして、自分を守ってしまいます。


「本当は過剰に守らなくてもいいんだよ。」


というのを良いノウハウを通して、
分かって欲しいなと思います。


そうしますと、ちゃんとしたイメージが出来、
ちゃんとした成功のための方程式も作ることが出来ます。




この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ