女性慣れする大切さ

今日は、20日~28日に渡り
6回(新規5人の女性)のデートをした
クライアントさんの小テストの日でした。


6回目のデートで、
今まで、僕がお伝えしてきたことを
どこまでちゃんと出来るのか!?


というチェックの位置づけの
デートをしてきて頂いたということです。



上記のクライアントさんは、
今まで、女性と付き合った経験がないという方です。



すごく心配してたのですが、
上手く成長を感じることが出来てホッとしてます。




●20日の最初のデートでは、

「デート自体が不安です。。。」


●21日のデートでは、

「デート自体の不安は、最初に比べ抜けてはきました。挨拶は出来ませんでした。」


●22日のデートでは、

「挨拶が、やっぱり、ちゃんと出来ません。」


●23日のデートでは、

「今回は挨拶が出来たと思います♪」


●27日のデートでは、

「相手が静かな子でしたので、話題を膨らますのが難しかったですが、
 僕なりに頑張れたと思います。」




●28日、本日のデートは、

「最後のほうは、無言になってしまいました。次回はないと思います。」


お伝えしたことは
ちゃんと出来ていらっしゃいました^^


最後のほうに無言になってしまったのは、
今まで以上のことをされただけですので、問題なしです。



上記のクライアントさんが
現在、2回目のデートを誘える状態にあるのは、
上記5人の女性の内、3人の女性です。



付き合った経験がない方が
たった、8日間で、
ここまで上達してくれるなんてです(TT)




8日間で6人の新規女性と
デートをしてもらうという



ハードスケジュールにも
ついてきてくれて、本当にありがたいです。




今日、お伝えしたい気持ちは、

「理想の女性以外とは、デートなんてしたくない!!」

と、いつまでも、思ってる方への心配です。



理想の女性になりますと、理想の女性
だからこその緊張というマイナス要素が
増えることになります。



デートを今までしたことがない人ならば、

「デート自体が不安、挨拶も出来ないかもしれない。さらに理想の女性だからこその緊張」


これらの状態で、理想の女性に対し、
現実的に、最高のパフォーマンスを出すことが出来ますか?


ということなんですね。



上記のクライアントさんの場合、

ノウハウの知識としては、おそらく・・・

【挨拶なんて当たり前だ!】と、

読み流してたくらいんじゃないかなとは思うのですが、


実際に、挨拶がちゃんと出来るまでに
3回のデート経験が必要になりました。



知識を脳に入れるだけなら簡単な時もあります。

ですが、実践する時は、異常に難しい場合もあります。


この辺り、ちゃんと意識をしながら、
ノウハウの知識を使ってください。




上記のクライアントさんは、
現段階で、


2日デート
4日デート
5日デート
8日デート
11日デート


これだけのデート経験が
出来ることになってます。



女性と知り合う数を、ただ、
数をこなすだけの慣れだけで、
終えるのではなく、



一人一人の女性を、あなたの成長に目を当てた
大事な訓練に使ってください。


一歩一歩、着実に成長することが出来れば、

ノウハウなども偶然ではなく、
常に意図的に使える、
本当の恋愛が上手い男になれます。


がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ