モテる体型とは?

motetaikei
藤村勇気です。


痩せるために運動していた人が
ゴリゴリのマッチョに目覚めた!


みたいなことって、筋肉マンあるあるだったりします。


痩せるための運動だけを極限まで頑張り、
体脂肪をとことん削ぎ落とした時というのは、
言ってみれば、細くて、弱弱しい身体に見えたりします。



身体がすごく細い人って、何もしなくても、腹筋割れてますよね?


その状態と似てるということです。



弱弱しさが嫌だと思い、
次に、ウェイト(ダンベル等)を使ったトレーニングをすると、


「こんなに、すぐに、筋肉が大きくなるものなのか♪」


と、感動するくらいに筋肉が大きくなるのが、
はっきり分かるんですね。



この感動を、もっと味わいたいと思った時、
細マッチョを目指してた人をゴリゴリのマッチョに
変身させてしまうことがあります。




身体作りをストイックにしてる方は、
一度、冷静に考えてください。


・モテるために身体作りをしてるのか?

・自己満足のために身体作りをしてるのか?


です。


モテ需要を考えた時、当然、【細マッチョ】が断然モテます。


ゴリゴリのマッチョは需要が少ないです。


(プロレスラーのファンの子とかだと、狙い目です)




つまり、モテるために身体作りをしてるのならば、
ある程度のラインで、身体を大きくするトレーニングを控えないといけません。



ゴリゴリのマッチョまでになってしまうと、
銭湯や戦闘で、他の男とは違う身体だという優越感は感じれても、
女子ウケは微妙です。




また、僕がファッション音痴のクライアントさんに
オススメしてるファッションブランドがあります。


【とりあえず、ここのブランドを抑えておけば、カッコ悪いとは言われないです♪】


というようなブランドです。



僕も、

「パンツ↑って、ズボンのことか?ズボンなら、ズボンって言えよ!!」

というくらい、ファッション用語は嫌いだし、
ファッション音痴です。


だからこそ分かるのですが、
ファッション音痴が1番してはいけないことは、
自ら服を選ぶことですよね。


選択した洋服が、全部ダサいのがファッション音痴なんです(TT)


ですので、最悪、
自ら選んだとしてもオシャレに見えるブランドが、
僕のオススメブランドになります。


しかし!


ゴリゴリのマッチョになってしまうと、
オシャレに見える洋服が、サイズが合わなくて、
とことん、着れなくなってしまいます。



さらに、身長が高い人とかがゴリマッチョですと、

「怖い・・・」

という第一印象で与えてしまう可能性が高くなります。




頑張りすぎて損をするということもありますので、
ちゃんと加減を考えてください。


あなたの努力は、何を目指しているのか?


方向性が違うと努力は、遠回りになります。


恋愛の勉強でも一緒です。


コミュニケーションがうまくいってない人が
テクニックの知識ばかり知っても、
ゴリゴリの知識マッチョになるだけです。



会話が上手くないなら、他のことを考えず、
まずは、会話を上手くなることに集中してください。


お腹がポチャンしてるなら、まずは、走って痩せてください。



ポチャンしてたら、
そもそも、ゴリゴリのマッチョにもなれないし、
細マッチョにもなれません。



【まずは】、目の前のことに集中するということが大切です。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ