モテる教材を120%上手く活用する方法


藤村勇気です。


本当にモテるノウハウが
書かれている教材であっても、


納得のいかない部分とか、
理解出来ない部分とかがあったりすると思います。



以下のクライアントさんが
核心を突かれてますので、


本当にモテることが出来る教材の
使い方の参考にしてください。


藤村さん、○○です。

今回は藤村さんの教材を読んで気づいたことがあるので
メールさせて頂きました。

それは、以前の自分と今の自分では教材の内容に対する
受け取り方が変わったなということです。

最初のほうはうーんいまいち分からないぞ><

ということが多かったのですが
恋愛活動をしていく中で納得していける部分が
だんだんと増えてきました。

このように、恋愛活動をしていく中で教材を読み返して
自分の行動などを修正いくとよいということに気づきました!

自分の中でここの部分ちょっとできるようになったな^^って
たまににんまりしてます(笑)


PS.

人生初のバレンタインチョコをもらうことができました。
もらったとき超嬉しかったです><b

それとHにする教育をすることで今日Hしたかったの(ハート)
といってもらうこともできました!



モテない人が書いた恋愛ノウハウというのは、
モテない人でも共感しやすいと思います。


厳しい言い方をしますと、類友だからです。


「おー!これなら俺にも出来そう!・・・やってみたけど、嫌われるばかりだ!」


と、みたいなノウハウは、
まさにその類だと思います。




ですが、モテる人が書いた恋愛ノウハウというのは、
モテない人にとっては、

思考や方法論が、全然違うことがあったりして、
共感しにくい部分があったりします。



でも、当たり前なんです。


モテない人は、モテない思考と
方法論を使って恋愛をしてるから
モテないだけですので、


当然、モテる人とは、
思考も方法論も全然違いますし、


自分自身の思考と方法論と違うことを
言ってるモテ男の考え方など、
すんなり納得できるわけがないんです。




【すんなり納得できない状態で、モテたい人は何をすれば良いか?】




モテない人が、モテたい時にしなければいけないことは、
モテる人に歩み寄ることです。



モテる人がモテない人に歩み寄ったところで、

モテない人のネガティブをフォローすることは出来たとしても、

モテない人がモテるようになりません。




上記のクライアントさんは、
モテるようになってきたからこそ、

モテるノウハウに対し、
共感・納得・理解が出来るようになってきたと
おっしゃっています。




自分で言うと生意気で申し訳ないのですが、
上記のクライアントさんは、
僕の会話教材に歩み寄ってくれてるんですね。




・人生初のバレンタインチョコ

・人生初の女性へのエッチ教育



あなたの人生で、
恋愛の人生初をたくさん経験したい方は、


あなたが「この人はモテそうだ!」と感じた、
周りにいる男性、恋愛コンサルタント等に、
歩み寄ってみると良いです。



意地を張っていても、モテるようにはならないです。




モテない内容が書かれてる教材は、教材に払ったお金も、
勉強する時間も、そのノウハウを実践する時間も、
全てが無駄に近いです。



(モテないノウハウを素直に実践してた方ほど、心が擦れていらっしゃいます)


がんばってください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ