このやり方を使って、あなたの会話に沈黙が多いかどうかを調べてください。

藤村勇気です。


沈黙が多すぎる方に向けてです。


結論としては、

つまらない会話を永遠と話しても良いので、
沈黙をなくしましょう!




「沈黙は悪くないよ」と

言われることもあると思います。


もちろん、少々の沈黙は使い道もあるのですが、
度が過ぎる沈黙は良いことが1つもありません。



度が過ぎる沈黙になるくらいなら、
とんでもなくつまらない会話であっても、
話し続けたほうが良いです。



沈黙の度合いの目安としては、



お互いが同じタイミングで会話をし始めるような感じが
何度も続くようでしたら、
沈黙が多すぎますよという危険信号だと思ってください。



男「あっ!・・・どうぞ^^;」
女「そういえばっ!・・どうぞ^^;」


というように、
言葉の発するタイミングが同じな状況が
意図的でなく3回くらいあると、ダメ。

と思ってくれるくらいがちょうど良い、

ということです。



~~~~~~~~~

お互いが同じタイミングで会話をし始めるような感じ

~~~~~~~~~

というのは、

一方が話し終えたのかなと思って、
もう一方が話し始める時によくあることですね。



つまり、

話し終えたのかなと勘違いさせるくらいの
沈黙が会話中にあれば、


必然的に、

何度も、上記のタイミングが作られるので、
目安にもなるということです。




つまらなくてもいいから、
何でも話そうという理由としては、


対女性の一般的な会話の好感度の順番が、
以下だからです。


【会話中、話してない】→【会話がつまらない】→【相手に会話を合わせられない】

→【会話が面白く、相手に合わせることも出来る。】



沈黙が多いという、
いわゆる話してない状態というのは、

つまらない会話を永遠とする人より
好感度が低くなります。


好感度が低ければ低いほど口説くことが
難しくなります。



いきなり、

【会話が面白く、相手に合わせることも出来る。】

になることは難しいと思います。



ですので、

最終目標としては相手に合わせつつ、
面白い会話が出来るようになろうと考え、



目先の目標としては、

超つまらない会話であっても永遠に

話せるようになろうと考えましょう。





女の子の立場になれば分かると思います。

話さない男に、

会話の場と時間を使うというのは、キツそうですよね。



好意を持ってもらうとか以前に、

「この場と時間に、意味を感じない・・・」

と、女の子に思わせてしまいます。


また、クライアントさんのデート音声をお聞きしますと、

ご報告メールなどでお聞きしてた内容から想像してたイメージより、

沈黙が多すぎると感じることが多々あります。



この一番の問題は、

クライアントさんご自身が沈黙が多いと気付いてないことです。



「話せました♪」

と、ご報告を受けたクライアントさんが

沈黙だらけだったり・・・




話せた♪=出来ている♪


という思い込みの怖さは、

何と言っても、【このままで大丈夫】

という勘違いをしてしまうことです。


ダメなところを大丈夫だと認識したままだと、
次のステップに進んでも、
永遠に、上手くいきません。


「俺なりに話せた」とかではなく、

客観的に、横でワイワイ話してるお客さんよりも
静かな場になってたら、
話せてない可能性が高いので、ホントに注意です。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ