ガードが堅い女の壁を粉々に砕ききる方法

藤村勇気です。

僕はガードが堅い女の子が好きです。


ですので、軽い女の子とエッチした時のあるある会話の一つ、
穴兄弟やな!といわれることがけっこう嫌いです。


「お前がエッチした女とやるくらいなら
家でぬいてテレビでも観てたほうがよかったわー!」


みたいにネガティブになります!笑


誰も到達していない場所に行きたい願望ってありませんか。


というより、風俗がどこにでもある今の時代に
素人の子をあえて狙う男性陣であれば、
みなさんお持ちの願望なのかなと思ったりもします。


僕は僕が口説いている間に
僕の予定以上に好意的になってくる女の子は
言ってみればどんなエサでも食いつく雷魚のように思えて
あまり好きではありません。


逆に僕の予定より好意的になってくれない女の子だと
どうやって口説こうかな♪とワクワクしてきます。



ガードが堅い女の子の攻略法


ガードが堅い女の子達に共通しているのは
警戒心が強いということです。

そして、

・その強い警戒心はすぐにはとれない
・警戒されるとすぐにフェードアウトされる

という頑丈な城という感じです!


ですので、
警戒心を少しずつなくして開城してもらうために、
安心感を女の子に与えるということが、
ビッチ(ヤリマン、軽い女の子)の何十倍も大事になってきます。


ビッチの場合は極端な話、
暴力的なことをしない男だろうなというレベルの安心感と
あとはコミュニケーションの楽しさでほぼいけます。


ですが、ガードが堅い女の子になりますと、
ボディタッチの有無どころか、
座っている場所の距離感までもが警戒を煽ります。


つまり、ガードが堅い女の子を攻略するためには、
TPOに合せた距離感
ものすごく大事になってくるということになります。


イメージですと人間不信の可愛い犬猫に懐いてもらうみたいな感じです。

急に寄っていくと逃げていくか牙をむきますよね。



ガードが堅い女の子にしないほうが良いこと


多くの人が失敗していることを以下に書いていきますね。



ため口に誘導する行為をなくしたほうがいいです。


慣れ慣れしさを少しでも消すためにです。


僕のクライアントさんを見てますと、
距離感の詰め方に失敗して
ため口でフェードアウトされてる人がたくさんいらっしゃいます。


ため口など小さなことでフェードアウトしていく子ほど
ガードが堅くて、
他の男性がエッチ出来てない(攻略出来てない)いい女の可能性があるんですよ。



男側から「ため口で話そう」と言った場合には
女の子側の警戒心の強さ度合いによって
馴れ馴れしいと思われ、フェードアウトされるリスクがあります。


女の子から「ため口で話そう」と言われた場合には
女の子側の距離感に合せた、
ため口への変化になりますので全然OKです。


というか、そもそもため口でないと
楽しく話せないという男は
社会的なステータス(精神年齢や仕事を前向きにしている感など)を
感じてもらえないことが多いです。


ため口でないと楽しく話せない上司や先輩、お客様(敬語で話す関係性の相手)と楽しく話せないのかな?・・・学生じゃないんだから!



上司や先輩、お客様と楽しく話せてない人仕事を前向きにしているイメージが思い浮かばない!



仕事を前向きにしていなさそうな人責任感がなさそうだし、頼りがいもなさそう。


上記のような想定を女の子にさせてしまうことがありますので、
そもそもノリが重要な場以外では
基本敬語で話していったほうが良いです。


敬語でも楽しく話すことが出来る(世の中には話せる人がいる)ということは、
自分からため口の提案をすること自体、
ほぼメリットゼロ、マイナスのリスクしかないということです。


ちなみに女の子視点での責任感というのは、
送り迎えをちゃんとするとかみたいなレベルではなく、

避妊をちゃんとしてくれるのか?
付き合ったらちゃんと大切にしてくれるのか?

というレベルの話になりますので
かなりの重要ポイントになります。



次に、



チャラさを連想させる強めのユーモアは辞めたほうがいいです。


こちらも馴れ馴れしさを少しでも消すためにです。


チャラさというのは軽い男イメージに直結しますので、
ことごとく消していきたいキャラ要素になります。


ですがだからといって、
つまらない男になってもダメですので
加減の効いたユーモアが必要になるということです。


例えば、

今日は何してたのですか^^?

「ウェーイwwwwしてましたw」

は当然ダメです。笑


「今日は愛犬の写真をたくさん撮ってる時に、テレビ画面に写ってた僕の必死な顔を見てなさけなくなった日でした!笑」

というように分かる♪と思ってもらえるような
クス笑いに抑えておこうということになります。



焦らないこと


狙っている女の子と早く理想の関係になりたいのは
誰でも願うことではありますが、
焦ると女の子目線からはガツガツしてる男のように思われてしまいます。


デートに誘うタイミングが早くなったり、
肉体関係の距離の詰め方や詰め時が早くなったりです。


誠実な人ほど
ゼロか100くらいの距離感の詰め方をされてるように思います。

思い切って告白!
思い切って手をつなぐ!
思い切ってキスをしようとする!


などなどです。


どれだけ誠実な人であっても、
女の子のペースに合わせた距離感を無視した突進をしますと
フェードアウトされてしまいます。


誠実そうだけど距離感無視な人何をするか想定できない怖い人

チャラそうで距離感無視な人めちゃくちゃチャラい人

です。


めちゃくちゃチャラい人よりも
怖がられてしまうことが多々ありますので
絶対に辞めましょう!


突進したい気持ちになる時というのは、

・上手くいくかもしれないと感じた時(勇気を振り絞りたい時)
・どうせもうダメだと思った時(玉砕覚悟の時)

だと思います。


勇気を振り絞らなくてもスムーズに恋愛を進展させれるように、
玉砕覚悟になるくらいに追い込まれる状況にならないように
こちらの会話教材で勉強してください。



次はしないほうが良いことの反対で、
したほうが良いことになります。



ガードが堅い女の子にしたほうが良いこと


僕の会話教材をお持ちの方は知っているかと思いますが、
言わせる会話法です。

例えば、

「○○君とご飯いきたいな?」
「僕とデートしてくれるってことですか!?」
「うん!デートしたい!」
「めちゃくちゃ嬉しいです!是非です!」

などです。


上記はデートという単語を
女の子に言わせるための会話法を
分かりやすい感じで例にしました。


言わせる会話法をするメリットは、

・女の子のその時その時の気持ちが分かること
・女の子が少しずつ自発的に好意的な言葉を言ってくれるようになること

です。


女の子のその時その時の気持ちが分かることについては
言わせてるのですから当たり前なのですが、
その当たり前をすることによって
女の子との距離感の詰め方を間違えなくて済むようになります。


また、
女の子に自発的に好意的なことを言ってもらうためには、
女の子に言ってもらいたいフレーズを言ってもらえた直後に
あなたが喜んでいることが伝わる会話をしてください。


上記の例では、

「うん!デートしたい!」
「めちゃくちゃ嬉しいです!是非です!」

この部分になります。


例えば、

「うん!デートしたい!」
「デートしたいって女の子に言わせた僕はダメだね・・・」

みたいな否定的な会話を直後にしますと、
女の子は二度と自発的に好意を伝えてくれなくなります。



あなたも相手が喜ぶと確信出来る内容の言動であれば
自発的にすることが出来ますよね。

誕生日サプライズを確実に喜んでくれる人に誕生日サプライズをしてあげるとか、です。


また、あなたも好意的な言葉を女の子に言う時は
不安になったりしますよね?

不安になるからこそ、
あなたが好意を伝えた時にめちゃくちゃ喜んでくれる女の子がいると
嬉しいですし、もっと好意を伝えたいってなりますよね。




女の子も同じです。

男女関係なく、好意を伝える側に不安という気持ちがつきまとう
ということです。


ですので、
女の子が好意的なことを言ってくれた直後に、
あなたが喜んでいるという感情を
ちゃんと伝えてあげることが大切になります。


女の子は

あなたは好意的なことを言ったら喜んでくれる♪ これからも言おう♪

と思ってくれるため、


会いたい♪
好き♪
エッチしたい♪
プレゼントあげる♪


などなど、
良い関係になればなるほど(距離感に合せた)
女の子からの自発的な好意的言動が待っています。



女の子の不安を煽るようなテクニックを使おうとする人が多いですので、
女の子に安心感を与える大切さは少なくとも分かって下さい。


正確にお伝えしますと、
女の子に安心感を与えることはめちゃくちゃ大事と
理解し実践出来ている上で、
いざという時のみ不安を与えるテクニックを使うことはアリなのですが、

恋愛が上手く出来てない人の大半は
前提である女の子に安心感を与えるということが
ちゃんと出来ていないため、

不安を煽っても効果がないか嫌われるということになります。


一歩ずつ頂上目指していきましょう!

藤村勇気

この投稿にタグはありません。

■本気でモテる人生を手に入れたいと思ってる方へ

  • LINEだけで女を口説く方法

  • 藤村勇気のブログでは言えない話

  • 無料恋愛相談やお問い合わせ

  • 藤村勇気の個人指導塾の詳細とご感想

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ