真面目で素人童貞46才男が女性からラブレターをもらった方法とは?

藤村勇気です。



メールもラインもある時代なのに、
ラブレターをくれる意味のスゴさ。



46年間、女性と付き合ったことがなく、
すごく真面目な方で、
素人どーていだった方がやり遂げました。

この方です→ http://f-courage.com/ra/m/10013


数回デートした女の子から、
ラブレターをもらえたんですね。



そして、早速、ラブレターをもらった時の
ご感想を頂きました。


手紙をもらったとき、まさか
ラブレターとは全く思っていませんでしたので、
帰ってから手紙読むことにしました。


付き合ってくださいの文を読んだとき、
心の底から、やったー!!と思い、嬉しかったです^ ^

今46才で、ラブレターもらうの人生初です。

今でも何か信じられないです。

告白なんて、都市伝説だと思っましたし。。

でも、今まで7年間恋愛活動して、初めて出た結果です。

何か興奮して、昨日はあまり寝れなかったです。

あきらめないでやってきて本当に良かったです。

あと、藤村さんのご指導のおかげです。
本当にありがとうございます!!



直筆ラブレターの公開も、
クライアントさんがOKして頂けましたので、

個人情報的な箇所を全て削除して、
今後、お見せしますね^^




ラインやメールがある今の時代に、
紙に気持ちを書くという作業が必要な、
ラブレターをもらえるということは、


相手の女性が、心の底から、
本気で想ってる内容に間違いないと分かります。


簡単に言うと、

【めちゃくちゃ相手の女性を惚れさせた】

ということです。



実際、

「めっちゃ好きです」

って、手紙を読ませてもらったら書いてありました。




めっちゃ好きですって手紙に
書いてくれる子って
可愛いですね^^



さらに、女性側からの告白ですので、
それだけでも、男として、相当なもんです!




上記、46才のクライアントさんに
1カ月前くらいにアドバイスしてた内容って、

「このテクニックを駆使しましょう!」

みたいな難しいことでは、ありません。



『もっと大きな声で話してください。
 相手の耳まで声が届いてない可能性があります。

 聞き直されたりしませんか?』

というような内容でした。



上記クライアントさんが、
実際にデートをした時の録音音声を、
聞かせてもらった時、


1番のマイナス点が、

【声が小さい】

だったんですね。



声の音量をデートを重ね、改善し、

そして、2回目のデートにつながるようになり、




その後、

抱きしめる約束をラインでする戦略と、
抱きしめることを実践でちゃんとするための戦略を
お話してましたら、

ラブレターをお持ち帰りされましたという感じです。



正直なお話し、

年齢的な問題や恋愛スキルなど総合的な部分で、



僕のクライアントさんの中でも

僕が、特に、大丈夫だろうかと心配してた
クライアントさんですので、

大成功だからこそのギャップがスゴイです♪



僕も弾けるように喜びました^^


僕みたいなクソ生意気な年下の意見を
素直に聞いてくださり、
WMさん、本当に感謝しています。



好きになってくれる女性がいて、
その女性の好意を素直に受け止められることの出来た男って、

どんどん、男としてカッコよくなります。




46才の真面目で
今まで、女性と付き合ったことのない、どーてい男が
女性からラブレターをもらうほどに
女を惚れさせる方法とは?



僕と一緒に目の前の壁をぶち壊しながら、
成長を望むことです!




あなたも負けずに頑張ってください^^

この投稿にタグはありません。

メニュー

  • LINEだけで女を口説く方法

  • 藤村勇気のブログでは言えない話

  • 無料恋愛相談やお問い合わせ

  • 藤村勇気の個人指導塾の詳細とご感想

  • 無料恋愛相談やお問い合わせは以下のフォームからお気軽にどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    ご相談内容

    上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ