絶対盛り上がる質問と盛り上がらない質問の仕方の違いについて



藤村勇気です。



会話のアドリブが効かない人ほど、
大事になることをお話していきます。





例えば、相手の名前を聞くという質問は、何のためにしてますか?




一般的には、

相手の名前を知らないのだから、相手の名前を聞くのは当たり前だ!

という感じですね。


もしくは、聞きたいから聞いているという理由もあると思います。




ただ、

●当たり前だから、聞きたいから、という理由で聞いてると、


男「名前、聞いてもいい^^?」

女「ゆい^^」

男「僕はゆうきだよ^^」

男女「・・・・・。」

ここで、沈黙が発生するポイントが出てきます。




●相手の女性次第で盛り上がれるという状態では、


男「名前、聞いてもいい^^?」

女「ゆい♪ 君は、なんて名前なの^^?」

男「俺は、ゆうきだよ。」


女「ゆうきくんは・・・・なの^^?」


というように、女性からの質問に助けられ、少し会話が弾みます。




●名前の呼び合い方を決めたいという目的のために、
 名前を聞いている人は、


男「名前、聞いてもいい^^?」

女「ゆい^^」

男「友達には、いつも、なんて呼ばれてるの^^?」

女「ゆいの、まんまだよ^^」

男「じゃあ、僕は、ぽんちゃんって呼ぶね^^」

女「どこから、ぽんちゃんが出てきたの?笑」


などと、盛り上がることが出来ます。





目的のない質問ばかりをしていると、

沈黙が訪れやすいので、

結果、つまらない会話状況を自ら誘導することになります。




目的のある質問をしますと、

どんな質問であっても、

盛り上がる可能性のある質問に化けます。




つまり!


今日、お話したいことは、アドリブが効かない人ほど、

■【質問をするならば、答えを聞き出した後、その答えを使い、どんな会話をしようと思ってるのか?】

という”目的”を、

事前に、ちゃんと考えておきましょう、ということです。




「ラインしてる?」

という質問をする時は、

誰であっても

ライン交換したいという下心がありますよね。


ですので、

男「ラインしてる?」

女「してるよ^^」

男「交換しようよ♪」

女「いいよ^^」


というように、
沈黙になることはないと思います。


下心も目的の1つだから、
沈黙にならないんですね。



その下心を、
全ての質問で、持ちましょうということです。




ここまでは、
沈黙にならないことだけを考えた事前対策です。





沈黙対策がバッチリであっても、

相手を楽しませる会話が出来なければ、

良くないですね。




■質問から、相手を楽しませるためには、

「質問をした答えを使い、会話を盛り上げる!!」

ということが必要になります。




ですので、”盛り上がる可能性の高い会話の流れ”を
事前に考えておく必要があります。


少なくとも、盛り上げるためには、
相手の答えを否定するようなことだけは
してはいけません。




盛り上げよう!相手を否定をしてはいけない!

ということを意識して、

下記の質問を、少しだけ考えてみて下さい。


「仕事は何をしてるの?」
相手の職種を聞いた後、どのような会話にして、盛り上げますか?


「好きなご飯は何?」

相手の好きなご飯を聞いた後、どのような会話にして、盛り上げますか?


「犬派?猫派?」

相手の犬猫派閥を聞いた後、どのような会話にして、盛り上げますか?



いかがでしたか?



例えば、

否定をせずに盛り上げようと考えた結果、


ご飯ネタですと、


男「パスタが好きなんだ^^ 俺はラーメン♪ どっちも、美味しいよね☆」

女「そうだね^^」


というような会話をするなと考えた方も
いらっしゃると思います。



でも、その会話だと、さほど盛り上がらないことが多いです。


理由は、


「君は君。俺は俺。」


というような、
俺たち価値観が合わない同士だねというような
前提で話をしていくことになるからです。



ですので、

サクッと、自分自身の意見を捨ててみてください。


分かりやすい例で言えば、


・「犬派?猫派?」

相手の犬猫派閥を聞いた後、どのような会話にして、盛り上げますか?



相手が犬派であれば、あなたも、瞬時に、犬派になりましょう!

相手が猫派であれば、あなたも、瞬時に、猫派になりましょう!



男「俺も、犬(猫)大好き☆ 何か飼ってたりするの^^?」

女「飼いたいなとは思ってて♪」

男「何犬(猫)が好き?」

女「●●」

男「超ー分かる!! ●●好きって意外と珍しいからビックリ!感動してきた☆」



自分自身の意見を捨てた瞬間から、
価値観が一緒になり、
どんどん盛り上がる会話に変わっていきます。




ここまで、理解できましたか^^?



沈黙対策として、

■質問をするならば、答えを聞き出した後、その答えを使い、
 どんな会話をしようと思ってるのか、を考えておく。


盛り上げ対策として、

■サクッと自分の意見を捨てる。


です。


次は、質問のセンスについてです。



事前に会話の流れを考え、
さらに、自分自身の意見をサクッと捨てれたとしても、

盛り上げるためには、

難しいままの質問内容もあります。



それは、


・「仕事は何をしてるの?」

相手の職種を聞いた後、どのような会話にして、盛り上げますか?




このような、あなたの状況を、

瞬時に、

相手と同じにするわけにはいかない質問内容です。

(ユーモアとして、わざと、一緒にするのはアリです)






ですので、口説きが上手い人ほど、率先して使おうとはしないのが、


「仕事何してるの?」


というような、

意識次第で瞬時に変化させることの出来ない会話内容の質問です。


使わなきゃしょうがない場だけ、使います。


■今日、お話したことを悪い意味で全部してる人■



・質問のセンスが悪く、
・会話が盛り上がらない受け答えをし、
・先を考えてない質問をしている。


上記3つをしっかりしてる人の、よくある例は、




・”率先”して、相手の仕事内容などを聞き始め、(質問のセンスが悪い)

・相手の仕事を”リスペクトしない”まま、(否定していると同じ)

・自分の仕事の話をするなど、”すぐに違う話題に変えたり”することで、(先を考えてない)

・女性の会話レスポンスが悪くなり、

・尋問のような会話になってしまう。




これだと、どんなに会話スキルがある人であっても、

女性を口説き落とすことは出来ません。





「あー! 俺、盛り上がらないための質問センス、質問の答えの扱い方をしてたー><!」



という方、今後、注意していきましょう^^



会話スキルというのは、身に付けるものです。


ps


僕は、女の子の名前を、間違える、忘れる、というリスクを回避するため、
女の子の名前を含め、
個人情報系を、率先して聞きません。



また、女の子の名前を憶えないように
するという意識を、強く持っています。



色んな女性の名前を憶えていると、
つい、間違えてしまうことがあるものです。


ですので、デート直前に携帯を見て、
相手の名前を確認する程度にしておきます。



●自ら、相手の名前を聞かないという人のメリットは、


女「名前、聞いてもいい^^?」

男「なんか、今のすごい可愛いかった!
  僕の名前を聞きたがるとか可愛い!

  もう一回、質問して♪ ちゃんと聞きたい!笑」

女「なんか、恥ずかしいからヤダ。もう聞かなくていい!」


男「また、可愛い!行動が全部、可愛いね^^
  はやく、ちゃんと僕の目を見ながら、質問して♪」




女性から聞いてくることになりますので、

仲良く会話をした後でしたら、

そのまま、口説きに入れたりします^^



好意がある人が、普通、したくなるようなことを
あえてしないまま、
好意があるようなそぶりを魅せてくという感じです。




タメ口にせず、わざと、敬語のまま話すとかも、

メールの返信を、わざと、遅らせるとかも、


同じ理論として、扱えます。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ