良好な関係の彼女とマンネリしない小手先テクニック

joseisinri 藤村勇気です。


「彼女の卒業アルバムの写真を撮って、
 ライン(メール)で送りつけましょう!」


僕が、親密になった女性には
たまにしてる、いたずらです。


イメージとしては、

「今、きっと、彼女は、友達と、俺のことを話してるんだろうな♪」

と言う時に、

絶対に見られたくないような写真を
メールやラインで、送りつけ、


彼女「あっ。彼氏からライン来た♪」

彼女の友達「どんなライン来たのー^^?」

彼女【卒業アルバムの写真じゃん(TT)
   絶対に、友達に見せれない><;】


と、困らせようみたいなイメージです。


絶対に見られたくない写真であればいいので、
寝顔とかでもアリですね^^


その後、


彼氏「卒業アルバムの写真、急に送られて、ビビっただろ?
   友達に見せれなくて困っただろー?笑い」


彼女「ホント、辞めてー><」


彼氏「ウヒヒ♪ また何かするかもしれないから、
   ビクビクしながら俺のラインを待ってなさい!笑い」


というような会話をしたりして、
ラブラブ状態に刺激を与えるという感じです。


いたずらをすると、
彼女は確かに困りはしますが、

「私に相手をして欲しいんだな。可愛い彼氏だな^^」

と、感じたりします。


また、彼女が友達といる時に、
彼女が彼氏に愛されていることを自慢できるように、
ラインをしてあげていることにもなります。


>彼女「あっ。彼氏からライン来た♪」


この言葉を、
友達の前で言わせてあげるためということです。



あなたも、付き合ってる女性がいて、

男友達に彼女のことを話してる時、
その彼女からラインが来たりすると優越感を
感じたりしますよね^^


なので、ラブな彼女には、友達といる時こそ、
インパクトのあるメールやラインをしてあげて下さい。


もちろん、このような、いたずらは、


彼氏彼女といえど、

【信頼関係が構築出来てる、ラブな彼氏彼女】

ということが前提です。


付き合ってるかどうか微妙な付き合いだと、

「そもそも、なんで、写真撮ってるの?」

と、軽蔑されたりすることもありますので、
辞めておいたほうが良いですし、



全くラブでない付き合いならば、

「また、彼氏からライン来た。ウザい。」

と、女友達に愚痴られる原因になります。


テクニックと言うのは、
その時の、あなたと相手との関係性によって、

良い方向に感情が動くか、
悪い方向に感情が動くのかが、変わります。


テクニックと言うのはあくまで、

【感情を大きく揺らす方法】であって、

【感情を、好意的な方向に、大きく揺らす方法】ではない。

と、理解してください。


好意的な女性の好意を、一気に、
大きくさせたい時にテクニックと言うのは、
ものすごく、あなたの味方になります。


使うタイミングを間違えると、
警戒している女性の警戒心を
一気に、大きくさせてしまうのもテクニックです。



好意自体を持ってもらう方法は、
テクニックではなく、会話だとか、
基本的な要素になります。



女性から好意を持ってもらえない人は、【会話の勉強】

女性から好意を持ってもらうことは出来るという人は、【テクニックの勉強】


をすると効率的に恋愛を
楽しくするための勉強ができます。


あなたの現状スキルに合った勉強をしてください!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ