コミュニケーション能力が低い女性に接するときのマインド

kaiwadame
藤村勇気です。


コミュニケーションが苦手な方には、

「そんなこと言うと、バカと思われないだろうか・・・」

というような不安を持ってる方が多いです。



おそらく、上記の不安は、


不安を持ってる人自身が、
そのような評価の仕方を、
他人にしてるのではないかなと思います。


もしくは、環境が悪いなどです。



結論から言うと、

・コミュニケーションが上手な男女は、
 相手の発した言葉ではなく、発した理由を見てるので、
 言葉だけで、人をバカと思いません。

・コミュニケーションが苦手な男女は、
 相手の発した理由ではなく、発した言葉のを見てるので、
 言葉だけでも、バカと思う時があります。



もし、
あなた自身が人の内面というか奥の部分を
見ようとしていたら、


人が発する言葉がバカそうな内容であっても、
その部分については、
何も気にならないと思います。



会話が上手い男女というのは、
バカみたいなことをたくさん言いますが、


バカなことを言った時に、
バカと思われるのではないかという不安は、無です。


どちらかというと、

【俺がバカなこと言って、盛り上げてること、みんな、分かってるよな^^?】

という暗黙の了解がある会話してます。


この暗黙の了解を理解しあえない相手とは、
仲良くなるには、辛いところがあります。


会話が上手い男女と、会話が上手くない男女では、
見ている視点が全く違う時があります。



では、見ている視点が違う者同士が
仲良くなるためにはどうしたら良いか。


どちらかが、相手の価値観に、歩み寄るしかありません。



会話の上手い男女が
会話が上手くない男女と仲良くなりたい時は、

あまりバカ発言をしない。

バカ発言をすると、バカと思われてしまいます。



会話の下手な男女が
会話が上手い男女と仲良くなりたい時は、

必要な時は、思い切ってバカ発言する。


必要な時に、バカになれないと、ノリが悪いと思われますよね。

「飲み会で、ノリを良く出来ないキャラ」

みたいにです。



価値観の合わない人に歩み寄るために必要な、

最初の一歩は、やはり、信じようと思う心だと思います。



自分の考えを貫くと、
バカ発言をするとバカにされると思うわけですから、
会話上手になれないです。



だから、


「バカ発言をしても、俺が場を盛り上げようとして、言っていることだと
 分かってくれ><!」

という、信じ方が必要になるかなと思います。




会話が上手い男女が相手だと、

あなたの想いが通じ、

暗黙の了解で、あなたを認めてくれると思います。




ですが、会話が下手な男女が相手だと、

あなたの想いは通じず、

お前、バカだなと思われてしまうと思います。





だから、環境は大事です。


友達・職場・・・・

あなたと深く接している人達が、


相手の発した理由ではなく、発した言葉のを見てるので、
言葉だけでも、バカと思う時があります。



暗黙の了解をすることが出来ない人達ばかりの、

価値観ばかりの人の場合は、

バカ発言は、ただのバカと思われてしまいますので、


信じる心が裏切られ続けることになり、
あなたの会話は、上手くなれないです。




何事もそうですが、

上手い側は、下手な側に合わせることが出来ます。




ですので、上手い側に来てください。

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ