知識があるのにモテる男と知識がないのにモテない男の違い

renai
藤村勇気です。



こんなことを、考えたりしませんか?

「なんで、俺には、モテる知識があるのに、モテないんだろう?」

「なんでモテる知識というか、一般常識すらない奴が、モテるんだろう?」

みたいにです。



極端に言いますと、
一生懸命、恋愛の勉強をしてるのに、モテない人。


全く恋愛の勉強もしてないし、学校の勉強すらしてないし、
当然、恋愛ノウハウの存在すら知らないのに
モテる人の違いみたいな感じです。


『恋愛に、知識は必要でないってことだろー!!』


と、思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、
恋愛が上手くなるためには、
モテ知識が必要なことも間違いない事実なんです。




だから、恋愛の勉強をしてること自体は、
絶対に無駄ではありません。



で、僕がコッソリ、数年前から、勉強してたのは、脳科学です。



僕も1秒でも早くクライアントさんを
モテさせてあげて、精神的苦痛や悩みから救ってあげたいし、

恋愛コンサルタントの
プロフェッショナルでもありたいので、
必死なんです!!




脳科学自体を勉強することは、
モテるためには不必要だなと思いますが、


モテる方法を教えるコンサルタント側にとっては
必要だなと感じてます。


ちょっと、難しいお話になります。


お話ししますね。



結論から言いますと、脳みそは、1つに見えるけど、
いろいろな役割分担をしてて、


女性を口説く時に、本来、必要な脳の使い方(役割分担)を、
正しく出来ているかどうかが、


「なんで、俺には、モテる知識があるのに、モテないんだろう?」

「なんでモテる知識というか、一般常識すらない奴が、モテるんだろう?」


この差につながっているという感じです。


例えば、

■適当に話をする。

■何を話せば良いのか、考えながら話す。


この2つでは、僕たちの脳の働いてる部分が違うそうです。


僕も実際には、脳が動いてるのを見たことがないですし、
「だそうです。」という言い方しかできません(ペコリ)


ご了承ください。



もっと細分化してきますと、


■適当に話をしてるだけなのに・・・

1.上手くいく人がいます。

2.上手くいかない人がいます。


この差の理由も、会話時に、
脳の働かせてる部分が違うからだそうです。




適当に話をしてるだけなのにモテる人は、
女性を口説く時に使うべき脳の部分を、
自然に、ピンポイントで使ってる、勉強しないでもモテる男です。


言ってみれば、自身の経験だけで習得できた人です。


適当に話してるだけなのにモテない人は、
女性を口説く時に使うべき、
脳の部分は使っているんだけれども、


正しい知識がないため、有効な口説き方の
判断が出来てないからモテない。


つまり、知識不足のため、モテない。


※恋愛の勉強をしていなければ、ここでアウトです。


ここでつまずいている人には、
恋愛の知識を、勉強してもらわないといけないということです。


自然にモテることが出来なかった人は、
恋愛の勉強をするしかないとも言えます。


そして・・・


何を話せば良いか考えてるのに・・・


1.答えに時間がかかってしまい、沈黙になることで上手くいかない人

2.答えを即答できることで、上手くいく人。

3.そもそも、良いことと悪いことの認識が間違ってる人


こちらの差も同じく、会話時に
脳の働かせている部分が違ったりするからだそうです。



何を話せば良いか考えてるのに・・・


1.答えに時間がかかってしまい、沈黙になることで上手くいかない人

2.答えを即答できることで、上手くいく人。


1番と2番の差は、答えを導くまでの脳がどれだけ賢くなってるか、
つまり、脳の筋トレみたいなもの(知識への自信度・経験)を、
どれだけ、積み重ねて来たかの差によって起きます。


いつも、沈黙になりがちな人と、
容易にマシンガントークを出来る人の差みたいなものです。


ここでつまずいている人は、
知識への信頼感を強くしたり、経験を増やす必要があります。


そして、さらに・・・


3番の、何を話せば良いか考えてるのに・・・
そもそも、良いことと悪いことの認識が間違っている人。


こちらが、恋愛ノウハウを勉強しているのに、
上手くいかない人の
ほとんどの方が含まれる箇所になります。


ここに当てはまる方に必要なのは、


・ただ経験すれば良いのでもなく、

・ただ自信をつければいいのでもなく、


ある意識が必要になると思ってます。


今は、僕自身、脳科学を意識したコンサルについては、
実際のクライアントさんを通した、実践途中段階です。


間違ってたらいけないので、ここで、
どんな意識が必要なのかを言うことは出来ません。



ただ、実践して頂いてるクライアントさんは、
数週間で結果を出してくれたり、


数日で、会話力が劇的に上がってくれたりしてるので、
たぶん、正しいだろうと思ってます^^


女性を口説く時に、
女性を口説くために必要になる脳の部分を


ピンポイントで
使ってくれ始めてるのだろうと思ってます。



僕が、脳科学を使った恋愛コンサルの仕方の
ヒントを得たのは、

サッカーのトップアスリートの脳の使い方の
研究内容を知ってからです。


サッカーというのは、トップアスリートであっても、
色んな特徴を持った選手がいますね。



その色んな特徴を持ったトップアスリートたちは、
同じサッカーという競技をしてるのに、
使っている脳の部分が、全く違うとのことでした。


だから、ポジションが変われば、
トップアスリートであっても苦手になるとか、
あるみたいです。



というか、トップアスリートレベルであれば、
一般人以上に、ぶっ飛んで強かった脳の部分を
100%生かせるポジションを


得たことによって、
さらに、とんでもないアスリートになってるのかなと、
脳科学メガネを通してみた場合、思ったりします。


もちろん、身体能力も、ぶっ飛んでいることも前提ですね^^


トップアスリートの中で、
特にヒントになった選手は・・・・内緒です♪


内緒ばかりだし、難しい話ばかりで、今日はゴメンナサイ!


何より、最強のコンサル方法を、
ついに編み出せたと思ったら
もったいなくて、人に言いたくなくなります。笑い。



購入者通信でお話しすることは、あるかもです^^

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ