ライバルと差をつけるための恋愛訓練


藤村勇気です。


ライバルと言葉の重みに差を付けてください。



あなたと、あなたのライバルが、


Aちゃんに対し、

「俺、すごい頑張ってるよ^^」

と同じ言葉を言ったとします。



この時の言葉の重みというのは、
単純に、どちらのほうが、
Aちゃんに頑張っていることを認められるかの差になります。



●頑張っていることを認められるために必要なこと


1.実際に何かに対し頑張ろうとしている姿勢や行動をする。

2.そして、その姿勢や行動を上手に嫌味なく伝えれる会話をする。


この2つが必要になります。



僕が接してきたクライアントさんの中で、
頑張ってないなと思えるクライアントさんというのは、
正直、本当にいません。



みんな、すごい頑張ってます!



だけど、2番の伝え方の下手さというか、
会話力不足のせいで
なかなか、伝わってこないこともあります。




じゃあ、僕がなんで、みんな頑張ってると言えるのかというと、


僕は、あなたのコンサルタントですので、
あなたの話を、聞き耳をめちゃくちゃデカくして聞いているからです。


「この言葉を言うってことは、○○とかしてるんだろうな。」

「この言葉を言うってことは、いつも戦ってるんだろうな。」

というように、深い部分まで知ろうとしてるからです。





ですが、あなたが口説こうとしてる女性は、

あなたのことを聞き耳をめちゃくちゃデカくしてまでは

聞いてくれないと思います。



あなたが言葉にはしない、あなたの深い部分までは見てくれようとせず、
表面的な部分(あなたの発した会話)で判断してくると思います。



本来の人間同士の会話自体がそんなものですので、
女性が冷たいわけではありません。



このサバサバとした相手の心と接し、
あなたを魅力的な男だと分からせていくのが会話でもあります。




あなたは何を頑張ってますか?


・恋愛を頑張っている!

・恋愛活動をしようと頑張ろうとしている!

・仕事を頑張っている!

・運動を頑張っている!

・今の自分を変えようと頑張っている!




何かしら、格闘していることってあると思います。



今のままでいいと心底思ってる人はゼロです。




●心や身体を使って頑張ってることを、言葉にしてみて下さい。

●次に、出来るだけ、魅力的に伝わるような表現に変えてみてください。

●文字にしてみるとメールやLINEで使えるものになります。



あなたの思っている以上に、あなた自身はストイックでいい男だと思います!

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ