あなたの癖を生かす方法

藤村勇気です。


たまに・・・【人と違う発想を持ちましょう!】



女「美味しい物食べたいね^^」

男「そうだね^^ ○○にあるお店、
  美味しいみたいだから、今度行ってみよう♪」



世の中の無難な会話は、
上記のような受け答えになります。


決して間違っていないので、
問題ないのですが、


何回も遊んだり、付き合ったりすると、
ネタも尽きるし、
やはり、無難だけだと楽しくないものです。




そういう時こそ、
あなたらしい癖があると良いです^^


例えば、


女「美味しい物食べたいね^^」

男「運動をした後と、運動をする前だと、
  卵かけご飯でも美味しさは違うでしょ。

  美味しい物を求めるみたいな他力本願じゃなくて、
  まず、自分の体調を最高レベルまで持ってくことを
  考えよ─ぜ!!」


みたいにです。



僕は運動が好きなので、
慣れた子には、
上記のような癖のあるトークをしたりして、


「勇気君って、そうとう、ひねくれてるね!笑」


と、言われながら、2人で笑ったりしてます。




科学的なことが好きな人ならば、


女「美味しい物食べたいね^^」

男「俺の研究した結果だと、物を美味しく食べるためには・・・」


などと話すと、



「○○君って、どんな感情で生きてるの?笑」

と、言われながら、2人で笑えたりします。



癖というのは、

知り合った最初の段階ではマイナスになることが多いので、

隠したほうが良いこともあるのですが、



慣れ親しんだ関係では、
たくさん出したほうが良いです。



言ってみれば、

【お前だから、俺の社交辞令じゃない部分を出してるんだよ^^】

というアピールにもなります。


心を開いてることを伝えることが
出来るということですね^^



癖というのは個性です。

個性は、仲良くなってから生きてきます。


逆言えば、

仲良くなる前は、
無難な会話をしていきましょうという
ことでもあります。



無難な会話をすることで仲良くなれるからこそ、
エッチをしたり、
口説き終えたりするまでの会話というのは、


僕であっても、あなたであっても、必要なことが同じなんです。

会話、頑張ってください☆

この投稿にタグはありません。

お問い合わせやご相談がある方は下記からどうぞ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

ご相談内容

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

サブコンテンツ

メルマガ登録で、無料プレゼント!

51

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。

ご購読される方は、下記のフォームからご請求ください。




名前     :
メールアドレス:



この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

このページの先頭へ