「女を褒めるな!」「女を褒めろ!」・・・どっちが正しいの?


藤村勇気です。



『褒めるな!褒めろ!・・・どっちなんだよ!』


いろんなノウハウを勉強してる方ほど、

褒めたらいいのか、褒めないほうがいいのか・・・

みたいに、なってませんか。



結論を言いますと、褒めは超重要です。

ですので、褒めてください。




例えば、


『お前の唇、マジできったねーなー!キスさせろよ!』

と、ファーストキスを狙う人はいないですよね。

(※いたら口説き方的には面白いので、個人的にウケます。笑い)



『○○ちゃんの、その可愛い唇にキスしていい^^?』

と、ファーストキスを狙う人はいると思います。


何が言いたいのかいいますと、

恋愛の関係性を発展させる時には、なんだかんだ、ほぼ必ず褒めが入る。



それも、

関係性の発展が上手く出来るか出来ないかみたいな、

重要なタイミングほど、褒めが必要になる。


ということです。




褒めをしない人は、


・『手、つないでいい?』

と、突然聞いたり、

・【ギュっ】

と、何も言わずに手をつないだり


してることが多いと思います。



ただ、突然何かをしようとするということは、

相手が【手をつなぎたがってるのか、そうではないのか?】

という判断を事前にしてないことになるので、



最悪な場合、
手を振り払われてしまうことにもなりかねません。


つまり、回避できるリスクなのに、
そのリスクすら回避していないまま、行動を起こしてることになるので、
運が良ければ上手くいく的な感覚から抜けれないことになります。



運が良ければ上手くいくみたいな恋愛の方法を
どうしてもゲットしたい女の子に使うのは、
少なくとも僕は、ゲット出来ない時を想像した時、怖くて出来ません。



ですので、僕は、そんなノウハウをあなたにお伝えしません。


褒めることの重要性は、
他にもたくさんあるのですが、




今日は、そもそも、なんで


『褒めるな!』


みたいなノウハウがあるのかについて
お話ししていきます。



世の中のノウハウには、

情報に価値を持たせようと一生懸命になり過ぎてしまって、

実際、成功は超しにくいよね・・・

というノウハウ内容になってるモノが、多々あるんです。



情報の価値というのは、

一般的には、希少性のあるものですね。



つまり、

【誰も知らないような情報ほど、情報的に価値があるという傾向がある】



【誰もが言ってることを否定することで情報的に価値が生まれやすい】



【一般書籍、一般人、友達等が「褒めろ」と言うならば、「褒めるな!」と書く】



簡単に言うと、

世間一般が褒めろと言ってるのであれば、褒めるなという方法論を作ればいい。

みたいな考え方です。



この作業をすることで情報に希少性”は”生まれます。




なぜ、「褒めるな!」というノウハウが存在してしまうのか?



理解出来ましたか。



恋愛は、女の子も十人十色ですので、

『褒めなかったら100人中、100人全員口説けないのか?』

と、言われたら、

褒めなくても口説ける子はいる。

となります。



ですが、あくまで褒めなくても口説ける子というのは、

希少性のある女の子であって、

ほとんどの女の子は、褒めることが必要になります。



つまり・・・

希少性のあるノウハウは、

希少性のある女の子にしか通用しないことが多い。


恋愛の場においてのノウハウの価値を

情報の希少性という点で評価して学ぼうとしていますと、

モテなくなる時が多々あります。



モテたいのであれば、

【誰も知らないような情報ほど、情報的に価値があるという傾向がある】


ではなく、

【本当にモテることが出来るノウハウに価値がある】


という情報の価値観を得てください。



価値を感じる箇所を、TPOに合わせて変えることも、

あなたの身を守るため、

あなたを成功させるために、すごく大事です。



なぜ、

・一生懸命、恋愛の勉強をしてるのに、モテないままの人がいて、

・一生懸命、恋愛の勉強をするほど、モテまくってく人がいるのか。



勉強してるモノが違うからであることも

多々あります。



頑張ってください!

この投稿にタグはありません。

メニュー

  • LINEだけで女を口説く方法

  • 藤村勇気のブログでは言えない話

  • 無料恋愛相談やお問い合わせ

  • 藤村勇気の個人指導塾の詳細とご感想

  • 無料恋愛相談やお問い合わせは以下のフォームからお気軽にどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    ご相談内容

    上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ